子供の夜泣き対策

夜泣き中に起きられないママの対策は?熟睡できてしまうのはなぜ?

子どもが夜泣きしていても起きられないんです。

どうしたらいいでしょうか?

私もそうなんです。

旦那も私も爆睡してしまい、かわいそうなことをしてしまいました。

私だけじゃないんですね。

子どもの声に気付かないなんてママ失格だ、、、と落ち込みました。

ぼくてき

このような悩みをもつママ向けの記事です。

「子どもが夜泣きしている間に爆睡出来るなんて羨ましい」

「ぜいたくな悩みだと思う」

夜泣きで眠れないママからすると、朝までぐっすりと休めてしまうママに悩みなんてないと考えがちです。

しかし、中々起きられないママは“起きられないこと”で非常に悩んでいるのです。

この記事では、夜泣き中に起きられないママの対策や体験談をご紹介したいと思います。

この記事の他にも「夜泣きの悩みを解消する方法」を解説していますので、気になる方はこちらの記事もご覧ください。

赤ちゃんの泣き声の大きさや高さについて

赤ちゃんの泣き声は60dB以上と言われていて、主要道路の騒音や交通量の多い道路の騒音に近い音量が出ています。

また、赤ちゃんの泣き声は高音である場合が多く、その声には2,000Hz以上の非常に高い周波数が含まれていて、人は2,000Hz以上の周波数に対して不快に感じやすくなっています。

赤ちゃんはパパやママに気付いてもらえるように、あえて不快な高さで泣いているんでしょうね。

赤ちゃんは頑張って泣いてくれているのですね!

ぼくてき

そう考えると必死の泣き声に応えたくなっちゃいますね。

赤ちゃんの泣き声は、同じデシベル数に近い他の音より耳に刺さりやすくなっています。

子どもが夜泣きをしていても起きれない原因とは?

子どもが夜泣きしてるのに起きられないのはなぜ?

ぼくてき

まずは原因を考えてみましょう。

赤ちゃんが大きな泣き声を出していても、起きられない方は一定数います

夜泣きをされていても起きられない理由で多かったものは以下の3つです。

  1. 元から眠りが深く何があっても起きられないから
  2. 起きていても赤ちゃんの泣き声に鈍感だから
  3. 夫が先に起きてしまうから

それぞれ詳しく解説します。

眠りが深く何があっても起きられない

眠りのリズムや深さなどに個人差はありますが、そんな中で赤ちゃんの泣き声ですら起きられないほどの爆睡をする方がいます

耳栓をしているわけでもなく、真横で赤ちゃんが泣いていても爆睡出来てしまうのです。

ぼくてき

深く睡眠ができているということですね。

この「夜泣きしているのに起きれない!」という理由で、悩んでいるママが実は多いんです。

思い悩みすぎると「イライラ」や「虚無感」が止まりませんので、に良い方向へ考えなおす努力からスタートしてみましょう。

まず、眠りが深く起きれないということは「寝る力が強い」ということが考えられます。

なんかポジティブな言い回しですね。

私が鈍感なだけだと思っていました。

寝る力がある人は、嫌な出来事やストレスがあっても爆睡して気持ちを切り替える力が強いです。

つまり、自己再生機能に優れている可能性が高いのです。

起きていても赤ちゃんの泣き声に鈍感

泣き声は赤ちゃんが必死に親に何かを求めているシグナルです。

しかし、そんな赤ちゃんの泣き声を元からあまり気にしないタイプの方もいます。

言われてみると私は兄妹が多かったので、子どもの泣き声はそんなに気にならないかもです。

理由は様々ですが、主な要因は家庭環境にあるとされています。

もともと大家族で誰かが泣いているのは当たり前でした。

赤ちゃんの泣き声でイライラしないです。(非常に稀だが赤ちゃんの声が好きな人もいる)

動物等を沢山飼育しており、泣き声(鳴き声)が日常茶飯事でした。

大家族や動物が多くいる家庭では、もともと家に音が溢れかえっています。

そのため、赤ちゃんの泣き声に鈍感になり夜泣きに気付かずに起きられない可能性があります。

夫が先に起きてしまう

夜泣きしなくていい子だな~と思っていたら、夫が対処してくれていたみたいです・・・

ぼくてき

とても優しい旦那さんですね♪

ママよりパパのほうが、音に敏感な場合があります。

子どもが夜泣きしていても中々起きてくれないパパを持つママからすると、羨ましく感じるかもしれません。

  • 爆睡出来るママ
  • すぐに起きて対応するママ

もいれば

  • 夜泣きでもぐっすり寝れるパパ
  • 音に敏感なパパ
  • 夜泣きでイライラするパパ

のようなパパもいるわけです。

もし、知らないうちに夫が対応してくれていた事実に気付いた時は、次の3つに気を付けて悩みを抱え込まないようにフォローと話し合いをしましょう。

  1. 負担になっていないか
  2. 今後育児をどう協力していくか
  3. 感謝の気持ちを充分すぎるくらい表現する

まずは感謝の気持ちを伝えたいと思います。

夜泣きで起きれないママの体験談

夜泣きで起きられないママが少なすぎて悩みを共有できないんです。

他のママの体験談を教えてほしいです。

ぼくてき

実際に、夜泣きで起きられないママの体験談を2つご紹介します。

  1. 子どもが夜泣きしたときのパパが神対応をしていた
  2. 子どもが朝まで寝てくれる子になった

ママの体験談①子どもが夜泣きしたときのパパが神対応をしていた

夫は少しの物音で起きる上に子ども大好き人間だったので、苦にならない様子でミルクをあげていました。

子どもも私の横で泣いても気付かれないのでパパに助けを求めるようになりました。

子ども自身が学習し「ママではなくパパに頼るようになった」体験をした家庭が非常に多かったです。

すぐに対応してくれるパパに助けを求めるのは大変頭のいい行動ですよね。

本当にありがたいです♪

パパ側の意見には、次のように喜んでいる声もありました。

普通はママにべったりなはずなのに、頼られていて嬉しいです。

どちらにせよ眠れないので起きて対応していたら子どもが懐いてくれました。

しかし、知らず知らずのうちにパパがストレスや不安を抱えている場合がありますので、しっかりパパをフォローしてあげましょう。

ぼくてき

パパの様子が変だったら、心配の声をかけてあげてくださいね。

ママの体験談②子どもが朝まで寝てくれる子になった

夫も私も一度寝たら爆睡タイプです。気になって監視カメラを夜に回してみたら、子どもは朝までしっかり眠っていました。

寝る前に母乳ではなく粉ミルクにして腹持ちを良くしたら子どもが朝まで寝る子になりました。

子どもは泣き叫んでもどうしようもないと悟った時、諦める場合があります。

「近所迷惑や虐待を疑われるから」と少し泣いただけで抱っこをしてあやす親子を目にします。

一昔前では、赤ちゃんが泣いていてもしばらく泣かせ続けるシーンが多く見られました。

夫婦ともに爆睡する家の赤ちゃんは、諦めてしっかり寝ることもあります。

ママさん

それはそれで、子どもがかわいそうですね・・・

しかし、そうはいかない可能性もあります。

そのため、一度夜中にどうしているのかをカメラで確認してみるとよいかもしれませんね。

ずっと泣き叫んでいるのに気づいていない場合は対策が必要です。

夜泣きに起きれないママの対策・解決策

夜泣きで起きられないママが、一生懸命考えて成功した対策法はこちらです。

  1. 粉ミルクを活用する
  2. 産婦人科に相談して体重の検査をした
  3. 夜起きられるように子どもと一緒に昼寝をするようにした

粉ミルクに関しては“空腹で泣く”行為を減らすための工夫として実践されていました。

ぼくてき

我が家は粉ミルクを使用し始めてから夜泣きが減りました。

粉ミルクや液体ミルクは母乳に比べて消化スピードが遅いため、子どもが空腹を感じるようになるまでの時間が長いです。

この消化時間を利用して、子どもが空腹で夜泣きしてしまう可能性を低くすることができます。

また、昼寝をする対策は非常に多く成功事例も多数ありましたが、いくら寝ても眠れてしまうタイプや、昼寝をすると夜眠れない子には向きません。

ぼくてき

子どもがに夜寝れなくなってしまうトラブルが起きる可能性があるため、寝かせすぎには注意しましょう。

子どもの夜泣きを産婦人科に相談して体重の検査をした

赤ちゃんが泣く場合は、何かを訴えている可能性が高いです。

夜中にカメラを設置し、子どもが夜泣きをしていたら産婦人科子どもと自身のことを相談しましょう。

産婦人科の先生は子育てに関する相談を大量に聞いています。

その相談の中には「夜泣きに起きられなくて困っている」というママの悩みもあります。

そのため、素人では考えつかないアドバイスをもらえる場合があります。

ママさん

子どもの事と一緒に相談できるのは良いですね。

あと、子どもの体調が悪かったらと思うとゾッとしますね。

そして、相談と一緒に赤ちゃんの体重を計測してもらいましょう。

体重がしっかりと増えていれば、健康上大きな問題を抱えている可能性が低くなります。

一人で悩む前に育児のプロに相談して、不安を軽くする努力が必要です。

ちなみに、相談するときは育児の記録を先生に見せると、より具体的なアドバイスを貰うことができると思います。

ママ自身が落ち込んでしまうとそれが赤ちゃんに伝わり、いっそう悪い循環を引き起こしてしまいます。

ママが誰かに相談することは、結果として赤ちゃんのためになりますよ。

ぼくてき

不安を解消するためにも、先生に相談しましょう。

夜起きられるように子どもと一緒に昼寝をするようにした

もし、昼間に余裕があれば子どもと一緒にお昼寝をして、夜起きられるように体力を回復するという方も多かったです。

「子育てが忙しくて寝ている暇がない!」という人も多いと思いますが、自分の身体のパフォーマンスを上げるためにも休憩は必要です。

休憩時間を子どもが寝た時間に合わせてするようにすれば「ちょっとお昼寝しようかなー」と思えるのではないでしょうか?

子どもの夜泣きに気付けないのには原因があります

「母親失格だ」

「子どもが可哀想」

「子どもが夜泣きしているのに起きれない」からと言って罪悪感に浸る必要ありません。

赤ちゃんに様々なタイプがあるように、ママにも色々な人がいます。

ぼくてき

ネガティブにならずに、できる対策をしていきましょう。

むしろ、ママがよく眠れているのであればしっかりと体力を回復出来ている証拠です。

自分にあった解決策を模索して、家族みんなが笑顔になれる方法を探していきましょう。

他の「夜泣きの悩み」に関する記事も読んでみる。

ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

育児・子育てカテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

ABOUT ME
ぼくてき
ぼくてきと申します。 大手企業に勤める、育児と家事が大好きなシステムエンジニアです。 SEをしながら「ぼくてき.com」を運営しています。 仕事で得たノウハウと、身の回りで見つけた生活の知恵を発信しています。
関連記事