育児

トリセツアプリにデメリットはあるのか?すべての取扱説明書をスマホで管理する

あの取扱説明書どこやったっけ?

取扱説明書がたくさんあって整理が全然できません!

ぼくてき

という方に向けた記事です。

トリセツとはスマートフォンアプリの事で、家電などの様々な取扱説明書を手軽に見ることができるようになるアプリです。

取扱説明書っていつの間にか溜まってきて、書類を置いている棚のスペースがだんだん狭くなってきて困っている人は多いと思います。

その悩みを解決してくれるのが「トリセツ」です。

他にも「育児を良い意味で手抜きする方法」をまとめた記事がありますので、興味のある方はこちらの記事もぜひご覧ください。

トリセツってどんなアプリ?

「トリセツ」はスマートフォンアプリです。

個人的には月額課金制にしても良いくらい便利なアプリだと思っていますが、課金なしで無料で使うことができます。

主な機能として次の3つがあります。

  1. 取扱説明書を手軽にスマートフォンへ登録できる
  2. 取り込んだ後は取扱説明書を捨てることができる
  3. より細かな情報が閲覧できる

あらゆる説明書を「トリセツ」で

様々な製品の取扱説明書をPC・スマホで一元管理、「いつです・どこでも」閲覧できるサービスです。

出典元:トリセツ様
ぼくてき

30万機種の取扱説明書が「トリセツ」に登録されています。

家電製品を買ったら必ず取扱説明書が付属されてきますが、取扱説明書が溜まってくると保管場所に困りますよね。

家電によっては取扱説明書のサイズがバラバラで、整理が大変なんですよね。

ぼくてき

その取扱説明書たちを“トリセツ”がスマートフォンに入れてくれます。

トリセツへ取扱説明書を登録すれば、見たいときにすぐ確認することができます。

登録した機器の取扱説明書は、綺麗に並べられた状態で管理されます。

ぼくてき

僕は家にある家電(30機種くらい)を、すべてトリセツに登録しています。

取扱説明書は保管場所や保管方法に困るので、そういったストレスをトリセツで解消しましょう。

トリセツのデメリット①ネット接続していないと見れない

スマホがネットに接続されていない状態(機内モードや圏外などのオフライン状態)だとトリセツに登録した機器の一覧は見れますが、肝心な取扱説明書や製品情報などを見ることが出来ません。

紙の取扱説明書ならネットに関係なく見ることが出来るので、アプリの大きなデメリットと言えます。

ただ「取扱説明書を見たい!」というタイミングは、ほとんどの場合が家にいる時なのでネットに繋がっていないという心配はほぼ無いと思われます。

ぼくてき

家にいればwifiもありますので、あまり心配する必要は無いと思います。

トリセツのデメリット②電子版の取扱説明書が無い場合は紙で見るしかない

家電やその他商品で電子版の取扱説明書(PDFなど)が無い場合、トリセツで見ることが出来ません。

ただ、有名なメーカーの商品は電子版の取扱説明書があるのであまり心配する必要は無いと思います。

ぼくてき

僕がトリセツに登録しているもので電子版の取扱説明書が無いものはありませんでした。もし見つけたら、それはかなりマニアックな商品なのかもしれません。

トリセツのメリット①ペーパーレスを推進することができる

最近会社などではペーパーレスが推進されていますが、僕もペーパーレス推進者の1人です。

紙が多いと散らかっている雰囲気が出てしまうので、あまり好きではありません。

また、家電に付属している取扱説明書は、緊急の時にしか読みませんよね。

例えば次のケースが考えられます。

  1. 故障したのでサポートセンターの連絡先を調べる
  2. 清掃の手順を調べる
  3. エラー表示が出たときにどういう内容なのかを調べる
ぼくてき

有益な情報が記載されていますが、読む機会は少ないです。

たまにしか読まない取扱説明書を、紙で置いておくのは少し無駄な気がします

そこで、取扱説明書をトリセツで管理すれば、取扱説明書の保管場所を気にする必要が一気になくなります

しかも、必要な時にすぐ見れる状態にできるので一石二鳥です。

良いことばかりですね!

例えば、ドラム式洗濯機の取扱説明書は厚さが1cmに迫る勢いであります。

それがトリセツに取り込めると考えれば、メリットが大きいです。

ぼくてき

あと個人的にですが、紙の取扱説明書よりもトリセツで見るほうが読みやすいと思いました。

トリセツのメリット②いろんな情報を確認できる

トリセツに登録すれば取付説明書以外に、外形図や取付方法、公式サイトなども見れるようになります

家電のサイズなどを確認したいときに便利です。

ぼくてき

家のインターホンを付け替えをしたときに役立ちました。

トリセツを使用して数年経ちますが「もう紙の取扱説明書は必要無いな」と感じました。

トリセツアプリは無料なので取扱説明書が大量に溜まっている人は、実際に使用してどんな感じなのか体感してみてはいかがでしょうか?

トリセツなら詳細な情報を確認することができる

トリセツは取扱説明書だけでなく、さまざまな説明書も自動で取り込んでくれます。

例えば、テレビインターホンを登録すれば”施工説明書”を閲覧することができます。

ぼくてき

テレビインターホンを取り付けするときに役に立つ説明書です。

スマートフォンアプリ“トリセツ”の紹介!  家電の取扱説明書を捨ててペーパーレスを推進しよう!

電子レンジであれば”料理集”を閲覧することができます。

スマートフォンアプリ“トリセツ”の紹介!  家電の取扱説明書を捨ててペーパーレスを推進しよう!

他にも公式サイトへのリンクや、買取比較サイトへのリンクなどがあります。

見ていると結構面白いです。

ぼくてき

どの家電も、綺麗に資料が整理されています。

トリセツのメリット③簡単に取扱説明書を登録できる

ぼくてき

本当に簡単に取り込めちゃうんです。

トリセツに登録する方法は2つあります。

  1. 型式を直接打ち込む方法
  2. バーコードを読み取る方法

個人的におすすめなのは、型式を打ち込んで商品を検索する方法です。

家電製品のバーコードは探すのって、結構大変なんですよね。

ぼくてき

型式だったら紙の取扱説明書に書いてあります。

型式を打ち込んで検索して、実際に使用している家電の型式を選択してあげれば完了です。

今回は僕が実際に購入した“テレビインターホン”を登録してみたいと思います。

  1. 右下にある+をタップ
  2. 型式名を検索
  3. 登録したい型式をタップ
  4. OKをタップして登録完了

トリセツの登録手順①右下にある+をタップ

右下の”+”をタップします

スマートフォンアプリ“トリセツ”の紹介!  家電の取扱説明書を捨ててペーパーレスを推進しよう!

トリセツの登録手順②型式名を検索

検索欄に取り込む機器の”型式”を入力します

スマートフォンアプリ“トリセツ”の紹介!  家電の取扱説明書を捨ててペーパーレスを推進しよう!

トリセツの登録手順③登録したい型式をタップ

対象の型式をタップしてください

スマートフォンアプリ“トリセツ”の紹介!  家電の取扱説明書を捨ててペーパーレスを推進しよう!

トリセツの登録手順④OKをタップして登録完了

”OK”をタップして取り込み完了です!

スマートフォンアプリ“トリセツ”の紹介!  家電の取扱説明書を捨ててペーパーレスを推進しよう!
ぼくてき

このようにトリセツへ簡単に取扱説明書を登録することができます。

機器を登録した後のトリセツ画面

登録したら、このように取扱説明書を確認することができます。

スマートフォンアプリ“トリセツ”の紹介!  家電の取扱説明書を捨ててペーパーレスを推進しよう!

取扱説明書だけではなく、いろんな説明書が登録されています。

ニックネームは設置している場所を書き込んでもいいですね。

トリセツに登録したら取扱説明書を捨てましょう

ぼくてき

登録さえできれば紙の取扱説明書は必要なくなります。

取扱説明書を捨てるのは抵抗ありますよね。

ただ、トリセツで登録出来たのなら、思い切って取扱説明書を捨ててしまいましょう

トリセツを使用しなくても、インターネットで取扱説明書を確認することができます。

ぼくてき

ほとんどの取扱説明書はインターネットでダウンロードできます。

僕はトリセツに登録した家電の取扱説明書はすぐに捨てるようにしています

すぐ捨てることで保管場所に困りません。

今では取扱説明書を置いていたスペースが空いてスッキリしてます。

「取扱説明書って結構場所を取っていたんだな~」と思いました。

注意事項として『メーカー保証書』は手元に置いておくようにしてください。

家電の修理時に必要になります。

使用する機会は少ないと思うので、封筒などに入れて保管しておきます。

家電によっては取扱説明書のページ数がとても多いため、ページが分厚くなり収納場所のスペースが圧迫されてしまいます。

「分厚い取扱説明書はとっておかなきゃ!」って気持ちになります。

とはいえ、紙の取扱説明書は手元に置いておきたいという人もいるかと思いますので、気が向けば取扱説明書をすべて捨ててみてはいかがでしょうか?

登録できるのは家電だけじゃない!トリセツが評価される理由

トリセツは家電の他にも、いろんな商品の取扱説明書を登録することができます。

  1. AV機器
  2. 情報家電
  3. パソコン
  4. スマホ
  5. カメラ
  6. キッチン家電
  7. 生活家電
  8. 健康家電
  9. 住宅設備
  10. 家具
  11. カー用品
  12. 自転車
  13. ゲーム機
  14. ホビー
  15. 楽器
  16. 時計
  17. スポーツ
  18. DIY
  19. 工具
  20. アウトドア用品
  21. ベビー用品
  22. ペット用品
  23. 生活雑貨

キャンプするので、アウトドア用品の取扱説明書があるのは助かります!

ぼくてき

持っているものすべてが登録出来たら気持ちいいでしょうね。

取扱説明書は家電以外にも付属しています。

その中でも“ベビー用品”の取扱説明書は無いと困ります。

チャイルドシートは取扱説明書が無いと困りますもんね。

ぼくてき

正しく取り付けないと、機能を発揮してくれません。

なので次のように登録しています。

スマートフォンアプリ“トリセツ”の紹介! 家電の取扱説明書を捨ててペーパーレスを推進しよう!

育児用品の取扱説明書が登録できて本当に助かっています。

赤ちゃんの命を守るチャイルドシートなどの取扱説明書は、できるだけ手元に置いておきたいです。

それがスマートフォンに入っていれば子育てが少し楽になります。

ぼくてき

子育てを楽にするためにもトリセツは役立ちます。

トリセツはデメリットの少ない優良アプリです

トリセツには次のメリットがあると思っています。

  1. 家庭のペーパーレスを推進できます
  2. 手軽にスマートフォンへ取扱説明書を登録できます
  3. 登録した後は取扱説明書を捨てることができます
  4. 登録した家電の細かな情報が閲覧できます
  5. 家電以外にもトリセツに登録することができます
ぼくてき

今の時代に適した素晴らしいアプリだと思いました。

紙の取扱説明書を減らすために、トリセツにどんどん登録してみます!

家電製品などは身の回りにとても多くあり、その数だけ取扱説明書があります。

大量の取扱説明書を減らすためにも、トリセツを利用して家庭のペーパーレスを推進していきましょう。


他の「育児・家事手抜きテクニック」を紹介した記事も見る。

ぼくてき

ここまで読んでくれてありがとうございました!

生活カテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

ABOUT ME
ぼくてき
ぼくてきと申します。 大手企業に勤める、育児と家事が大好きなシステムエンジニアです。 SEをしながら「ぼくてき.com」を運営しています。 仕事で得たノウハウと、身の回りで見つけた生活の知恵を発信しています。
関連記事