システムエンジニア

仕事のわからないことが聞きづらい!上司をイライラさせない質問の方法

先輩がとても忙しそうで、トーンもいつもより低い…
質問するタイミング間違えたな…
小さいけど、仕事失敗しちゃった…
先輩はきっと優しく注意してくださった、けど自分の反省が止まらない…
次間違えないようにすればいいのはわかってるけど、どんどん嫌になる…— みそスープ

(@hsp_tsubuyaki) April 4, 2022

上司との付き合い方に悩んでいます・・・

スムーズに質問できる方法が知りたいんですが、なにか良い方法はありませんか?

ぼくてき

という方に読んで欲しい記事です。

質問をすることは、新入社員にとって仕事を効率よく覚えられる方法であり、上司との信頼関係をいち早く築くことができる便利なコミュニケーションツールです。

ですが、上司に質問をして「何故か」怒られてしまったという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

「上司に分からないことを聞くと怒られる」

「何でも聞いてねと言われたのに質問したら注意された」

ぼくてき

とくに新入社員のうちは何が正解なのか分からなくて頭が混乱すると思います。

そこで本記事は質問をすると怒られる理由と、分からないことを聞きづらいときの対処法について紹介します。

目次
  1. 仕事で分からないことを聞いて怒られても凹む必要なし
    1. 人によって質問されるのが嫌いな人もいる
  2. 仕事で分からないことが聞きづらい時の対処法
    1. 聞きづらい時の対処法①あらかじめ聞きたい内容を整理してまとめる
    2. 聞きづらい時の対処法②「今大丈夫ですか?」と聞いてから質問する
    3. 聞きづらい時の対処法③相手の仕事が一段落するまで待ってみる
  3. 仕事で分からないことを聞く時のポイント5つ
    1. 質問するときのポイント①何度も同じ質問を繰り返さないようにする
    2. 質問するときのポイント②他の人にも相談して意見を聞いてみる
    3. 質問するときのポイント③相手に言われたことをその場ですぐメモする
    4. 質問するときのポイント④自分でやった内容を提示して問題がないか質問
    5. 質問するときのポイント⑤おどおどした態度は逆効果!聞く時は堂々とする
  4. 仕事で分からないことを聞きやすくするには?
    1. 聞きやすくするポイント①普段からなるべく上司とコミュニケーションを取る
    2. 聞きやすくするポイント②上司以外で相談できそうな輩に相談してみる
    3. 聞きやすくするポイント③ダメ元で他の部署に異動願いをだしてみる
  5. 資格を取得しておくと転職に役立つ!
    1. ①動画クリエイター資格
    2. ②webライター
    3. ③オンライン心理カウンセラー
  6. 仕事で分からないことを聞く方法

仕事で分からないことを聞いて怒られても凹む必要なし

上司が常に忙しそう。声をかけるタイミングに悩む方へ。質問の絶好チャンスは「最初に指示を出されたとき」。初めての対応で手順がわからない場合も、最初に伝えれば、次の行動を教えてもらいやすい。焦らず、進め方とアウトプットイメージは確認してね。上司にとっても教える手間より安心感が大きいの— みくうさぎ|ポンコツOLの仕事術

(@miku__design) December 7, 2021

仕事でわからないことを聞いて怒られても落ち込む必要はありません。

なぜなら質問した時に怒られるかどうかは、質問をするタイミングや相手の機嫌によって怒られるかどうかが左右されるからです。

人によって質問されるのが嫌いな人もいる

「分からないことは聞いてね」と言われたのに、いざ質問すると怒られる。

とても理不尽に思うかもしれませんが、社会では残念ながら日常茶飯事なのです。

ぼくてき

そもそも人によって質問されるのが好きな人と嫌いな人に分かれます。

おそらくあなたの上司は立場上「なんでも聞いてね」と口にはしたけど、本当は質問されるのが嫌いなタイプなのでしょう。

この場合は相手の負担にならないよう配慮して、分からないことを聞く必要があります。

ではいったいどうすれば質問しても怒られないで、自分の業務に集中できるのでしょうか?

仕事で分からないことが聞きづらい時の対処法

  1. あらかじめ聞きたい内容を整理してまとめる
  2. 「今大丈夫ですか?」と聞いてから質問する
  3. 相手の仕事が一段落するまで待ってみる

何か質問するたびに上司から嫌な顔をされるのでは、仕事に行くのも憂鬱になりますよね。

しかし、質問をしても嫌な顔をされないように、質問をする際に知っておくべきポイントをおさえることで、分からないことを的確に質問できるようになります

では、明日から実践できる簡単な対処法を紹介します。

聞きづらい時の対処法①あらかじめ聞きたい内容を整理してまとめる

仕事で分からないことがあるたびに、「次の業務に進めない」「ミスがこわい」と焦ってすぐに上司の元へ聞きに行っていませんか?

ぼくてき

席を立つ前に一度落ち着いて、質問内容を整理してみましょう。

一番簡単なのは紙に分からないことや不明点を書き出してみることです。

質問内容を箇条書きにして要点をまとめれば、上司に伝える際もスムーズにいきますよ。

聞きづらい時の対処法②「今大丈夫ですか?」と聞いてから質問する

いきなり質問するのではなく「10分ほどお時間いただけますか?」 と、聞いてみましょう。

もし上司が忙しくて時間を取れなければ「何時なら大丈夫」など、予定を教えてくれるはずです。

ぼくてき

そうすれば余計な衝突が避けられますし怒られる心配もありません。

質問は相手の時間を「奪う行為」になるため、相手が質問に対して答えやすいよう配慮する必要があります。

そのため、事前にお伺いをたてることで相手の予定に配慮した質疑応答の機会を設けることができます。

結果として上司の気分の害さず、余裕を持って質問に答えてもらうことができるということです。

待っている間に先ほど質問内容を書き出した紙に目を通して、シミュレーションしておくのもいいですね。

聞きづらい時の対処法③相手の仕事が一段落するまで待ってみる

質問しづらい、聞きづらいといった状況を変えるためには、相手のタイミングを見るのも大事です。

たとえば仕事に追われて忙しいと普段は温厚な人でも冷たくあしらわれる可能性があります。

ぼくてき

急を要する場合でなければ仕事が一段落するまで待ってから聞いてみるといいですよ。

その際も念のため「今お時間よろしいですか」と一言添える気遣いも忘れないでくださいね。

仕事で分からないことを聞く時のポイント5つ

  1. 同じ質問は繰り返さない
  2. 周りの人に相談してみる
  3. 言われたことはすぐにメモする
  4. 仕事内容に問題がないか提示する
  5. おどおどしないで堂々とした態度で聞く

仕事で質問しても注意されない簡単な方法としては、「聞き方を変えてみる」のが効果的です。

今後ビジネスの場においてあらゆるシーンで役に立ちますので、ぜひ実行してみてください。

質問するときのポイント①何度も同じ質問を繰り返さないようにする

もしかしたら自分では気づかないうちに同じ質問を繰り返している可能性があります

しかし、入社まもなく配属されたばかりで「周りの状況が読めない」「まだ職場に慣れていない」状態では当然のこと。

一度質問した内容は繰り返さないように書き留めておきましょう。

もし、何度聞いても解決しない場合は業務の内容と目的を完全に理解できていないのかもしれません

その場合は、仕事の全体像を見直すか、マニュアルがないか尋ねてみるのもひとつの手です。

質問するときのポイント②他の人にも相談して意見を聞いてみる

直属の上司だけでなく先輩や同僚など、普段から交流がある人にも意見を聞いてみましょう。

一人で思い悩むとどうしても視野が狭くなるものです。

第三者の意見を取り入れることで新たな発見や、目の前が開ける可能性は大いにあります。

ぼくてき

「〇〇の場合はこうしてみたら?」と、アドバイスをもらえるかもしれません。

真面目な性格の人ほどすべて自分で対処しなければいけないと、抱えすぎてキャパオーバーになりがちです。

一人で抱え込まず、周りの人と相談しながら考えを共有していくようにしましょう。

質問するときのポイント③相手に言われたことをその場ですぐメモする

質問をする際は必ずメモを用意して上司のもとへ行きましょう

まだ仕事に慣れていない、もしくは入社して間もない間は、メモを肌身離さず持ち歩くのが大事です。

ぼくてき

言われたことを一生懸命メモする姿勢は上司にも好印象を与えるはずです。

メモしておけば同じ質問を繰り返すこともなく、分からないことがあったときはすぐに質問をすることができますよね。

また、相手の話した内容を声に出して確認しながらメモすることで、相手との認識のズレを防ぐ効果もあります。

質問するときのポイント④自分でやった内容を提示して問題がないか質問

分からないことを質問するだけではなく、業務内容の確認を前提とした聞き方をしましょう。

どのような作業をしてなぜつまずいたのかを説明できれば、相手もアドバイスをしやすくなります

結果的に質問しづらい状況を突破できるだけでなく、業務の進捗状況を上司と共有できて一石二鳥になりますよ。

ぼくてき

もし何かミスがあっても早めに対処できるため、スケジュールを押して上司の機嫌をそこねる心配もなくなります。

質問するときのポイント⑤おどおどした態度は逆効果!聞く時は堂々とする

最後に質問するときは背筋を正して堂々と聞きましょう。

上司に聞きづらくて萎縮するあまり猫背で下を向いてしまうのは、実は困ったり追い込まれたりしたときに誰でも取りがちな行動です。

ぼくてき

「入社したばかりの新人だから」と遠慮する気持ちも分かりますが、分からないことは遠慮なく聞きましょう!

そもそも新人教育は上司の務めであり仕事の一環です。

「まだ分からないことがあって当然」と割り切って、恐れずに質問しましょう。

仕事で分からないことを聞きやすくするには?

  1. 普段からなるべく上司とコミュニケーションを取る
  2. 上司以外で相談できそうな人に相談してみる
  3. ダメ元で他の部署に異動願いをだしてみる

質問しづらい状況を変えたいのなら、思い切って自分から行動に移すのも大事です。

聞きやすくするポイント①普段からなるべく上司とコミュニケーションを取る

まずは上司とコミュニケーションを取って、少しずつお互いの距離を縮めていきましょう。

もしかしたらあなたと同じように相手もどう接すればいいのか、わからないだけかもしれません。

毎日の挨拶はもちろんのこと、空き時間に話しかけて歩み寄ってみるのもいいですね。

聞きやすくするポイント②上司以外で相談できそうな輩に相談してみる

誰かに話を聞いてもらうだけでも気持ちは軽くなります。

職場で話しやすい先輩や同僚に普段どうやって、直属の上司と接しているか聞いてみましょう。

きっと誰でも同じような悩みをひとつやふたつは持っているはずです。

ぼくてき

もしくは職場に長くいる人に話を聞いてもらうのも有効な手段ですね!

今までの新入社員はどのように上司と距離を縮めたのか、ヒントがもらえるかもしれません。

聞きやすくするポイント③ダメ元で他の部署に異動願いをだしてみる

ここまで紹介した方法を試してみたけど、それでも上司との信頼関係が築けないという人は最後の手段として他の部署へ異動願いを出してみるのもアリです。

ぼくてき

ただし、入社したばかりの新入社員だと異動願いを聞いてもらえる可能性は低いです。

異動がムリな場合は会社の体制が合わないと割り切って、転職を考えてみるのも手ですね。

資格を取得しておくと転職に役立つ!

資格を取得することは、自身のキャリアを成長させるためにも挑戦するべき行動の一つだといえます。

しかし、仕事をしながらスクールに通うといった時間に制約のある勉強方法では、なかなか資格を取得することが難しい状況の方も多いはずです。

空いた時間に資格が取得したい!

そんな方におすすめなのが、スキマ時間に自分のペースで行える「Smart資格」です。

Smart資格とは、一般社団法人日本オンライン資格推進機構(JOCP)が認定する資格講座を展開しているオンライン特化型資格取得スクールです。

Smart資格は、

  1. 在宅・リモートワークに役立つ資格講座が充実
  2. スマホ一台で勉強できる勉強しやすい教材
  3. スマホからそのまま簡単受験&再受験可能(追加料金¥1,500)
  4. 転職、個人サロン開設などキャリアアップをサポート
  5. 低価格で気軽に始められる

といった特徴があります。

ここでは、特に取得してもらいたい資格の内容についてご紹介していきます。

①動画クリエイター資格

動画クリエイター資格は、Adobe premiere Proのマスター資格になります。

コンテンツの内容は下記の通りです。

【コンテンツ目次〜基本編〜】

  • 第1章 編集をする前の準備の流れ
  • 第2章 カット編集の流れ
  • 第3章 テロップの作成方法
  • 第4章 BGM・SEの挿入方法と音量調節
  • 第5章 カラーグレーディング
  • 第6章 カッコいいトランジションの作り方
  • 第7章 効果的なエフェクトの入れ方
  • 第8章 動画の書き出し方法
  • 第9章 おしゃれなサムネイル作成方法
  • 第10章 時間短縮!作業効率を上げる方法
  • 第11章 簡単なOP・EDを作ろう
  • 第12章 自己紹介動画を作ってみよう

【コンテンツ目次〜実践編〜】

  • 第13章 目的別!動画のクオリティを上げよう
  • 第14章 漫画動画を作ってみよう
  • 第15章 エンタメ動画を作ってみよう
  • 第16章 広告動画を作ってみよう
  • 第17章 映画風動画を作ってみよう

Adobeを使った基本操作から応用編まで、まさに動画編集に関するスキルを「マスター」することができるコンテンツとなっています。

また、動画を必要とする各ジャンルに特化した講座内容も含まれているため、即案件を受注することが可能です。

YouTubeやTikTokといった動画コンテンツの増加により、動画クリエイターへの需要が高まるからこそ是非取得しておきたい資格の一つです。

動画クリエイター資格をチェックしてみる

②webライター

メディアサイトなどで記事を執筆するwebライターとして活躍することができる資格です。

コンテンツ内容は下記の通りです。

【講座目次】

  • 第1章:ライターにとって必要なこと
    • ユーザーの目線に立つ
    • ライティングの2つのポイント
    • 世の中の役に立つ
    • 文字単価ではなく時給換算
    • マーケティングの思考力で臨む
  • 第2章:記事を書く上で重要なSEO
    • SEOとは?
    • 4つのクエリ
    • ユーザーの検索意図
    • 内部リンク
    • 外部リンク
    • メタディスクリプション
  • 第3章:ライターとしての必要スキル
    • 文章スキル
    • イエスセット
    • PREP法
    • 執筆スピードの速さ
    • コミュニケーションスキル
    • 連絡の早さ
    • スケジュール管理能力
  • 第4章:記事作成前の準備
    • 構成書作成
    • 競合チェック
    • 記事タイトル・見出し作成
    • メタディスクリプションの作成
    • 検閲者に確認依頼
    • 執筆開始
  • 第5章:記事を仕上げる
    • タイトルの作り方
    • 見出しの作り方
    • 内部リンクの入れ方
    • 外部リンクを入れる際の注意
    • まとめ見出しの目的とコツ
  • 第6章:実務・ワードプレスの使い方
    • WordPressの使い方
    • ログインページ
    • ダッシュボード
    • 入稿編
      • 装飾ルール
      • アイキャッチ
      • カテゴリー
      • タグ

… 全10章のボリューミーな構成

全講座を修了後、テストライティングで添削を終えたのち納品完了すると資格が付与されます。

資格を付与された方は姉妹メディアである「資格Hacks」でのライティング案件を依頼されるようになっているので、資格取得後、即webライターとして活躍することができます。

クラウドワークス内でも500,000以上を超える案件があるため、需要量の多いwebライターの資格を取得することは大変大きなメリットがあるといえます。

webライター資格をチェックしてみる

③オンライン心理カウンセラー

こちらの資格は対面ではなく、電話やオンライン相談に特化した心理カウンセラー認定資格となります。

コロナ禍によるメンタルヘルスの重要性が示唆される今、「心の相談件数」は増加傾向にあります。

今後も需要が増え続けていくことを考えると、資格を取得しておいて損はないといえます。

コンテンツの内容は下記の通りです。

【教材目次】

  • 第1章 カウンセリングとは
  • 第2章 カウンセラーの3つの基本条件
  • 第3章 コミュニケーションスキル
  • 第4章 心理学について
  • 第5章 精神分析的理論
  • 第6章 自己理論
  • 第7章 行動主義
  • 第8章 特性・因子理論
  • 第9章 実存主義
  • 第10章 交流分析
  • 第11章 論理療法
  • 第12章 ケーススタディー
  • 第13章 仕事の獲得方法
  • 第14章 オンラインカウンセラーのためのZoomの使い方
  • 第15章 個人サロン開設方法

資格を取得した後にどのように資格を活用していけばいいのか迷われる方でも、独立の仕方などのサポートも充実しています。

是非、何か人の役に立ちたい、メンタルケアの方法を知りたいという方におすすめです。

Smart資格はスマホ一台で気軽に始められる資格講座なので、仕事が忙しくまとまった時間がとれない方、小さなお子様がいる方や家から出ることが難しい方でも在宅でキャリア促進をすることができます。

現在、『リモートワーク推進キャンペーン中』のため全ての資格講座が割引されています。

また、Smart資格公式アカウントに友達登録すると限定クーポンや自分に合った資格の適性診断を行うことができます。

この機会に是非自分のキャリアアップをするためにも行動しましょう!

オンライン心理カウンセラー資格をチェックしてみる

仕事で分からないことを聞く方法

分からないことを質問して注意されると、それだけで気分が落ち込みますよね。

けれど、そのまま放置しておくと後で取り返しがつかない失敗へと発展する可能性があります。

まずは本記事で紹介した分からないことを、聞くときのポイントを実行してみてください。

ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

仕事カテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

ABOUT ME
ぼくてき
ぼくてきと申します。 大手企業に勤める、育児と家事が大好きなシステムエンジニアです。 SEをしながら「ぼくてき.com」を運営しています。 仕事で得たノウハウと、身の回りで見つけた生活の知恵を発信しています。
関連記事