自己紹介カテゴリ
ぼくてき
ぼくてき
ブロガー/システムエンジニア
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む
パソコン小技集
PR

PDF XChange Editorでテキストの枠線を消す方法

ぼくてき
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

PDF XChange Editorで作ったテキストボックスの枠線が邪魔だなぁ・・・

どうやったら消すことができるんだろう?

こんな人に読んで欲しい
  1. pdf xchange editorのテキストボックスの使い方が知りたい人
  2. pdf xchange viewerのテキストボックスの使い方が知りたい人
  3. テキストボックスの枠線を消す方法が知りたい人

といった方に読んでいただきたい記事です。

PDF XChange Editorを使っていて枠線を消したいと思った人は多いと思います。

枠線を消すことが出来れば、資料を格好良く仕上げることができます。

この記事では2つの手順で枠線を簡単に消す方法を紹介します。

ぼくてき
ぼくてき
ブロガー/システムエンジニア
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

手順①テキストボックスを作成する

まずツールバーから「テキストボックスツール」を選択して、テキストボックスを作成します。

手順②テキストボックスの枠の幅を0.0ptにする

テキストボックスツールをクリックして選択します。

ツールバーにある「枠の幅」の▼選択します。

0.0ptを選択

これで枠線が無くなりました。

テキストボックスの枠線を簡単に消して資料を作成しよう

テキストボックスの枠線を簡単に消す方法について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

PDF XChange Editorを上手に利用して、業務の効率を上げていきましょう。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
PDFの編集ができて文字を消すことができる無料ソフトを紹介
PDFの編集ができて文字を消すことができる無料ソフトを紹介
PDF XChange Editorでテキストの枠線を消す方法
PDF XChange Editorでテキストの枠線を消す方法
PDF XChange Editorでテキストの枠線を消す方法
PDF XChange Editorでテキストの枠線を消す方法
ぼくてき
ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

ぼくてき.comのイチオシ記事
無料で今すぐ家計をコントロールする方法
オカネコは怪しいサービスなのか?口コミまとめ|プロに悩みを相談してみよう!
オカネコは怪しいサービスなのか?口コミまとめ|プロに悩みを相談してみよう!
システムエンジニアのノウハウを紹介
仕事カテゴリの最新記事
最新の記事はこちらからどうぞ
新着記事

【ぼくてきからのお願い】

ぼくてき.comは1人で運営を行っており、本業をしている都合上、外注などを利用しながら記事の更新をしています。

今後も皆様のお役に立つ情報を発信していくために、以下のAmazonリンクより商品購入にご協力ください。

購入商品はリンクの商品以外でも大丈夫です。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ホームページに戻る

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
ブロガー/システムエンジニア
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました