ビジネスノウハウ

電子部品やパソコンパーツが入手困難になっている話|コネクタピンが無い!

自作パソコン作ろうと思うんだけどグラフィックボード在庫切ればっかりだなぁ。

会社でも機械の長納期化が問題になっているけど何か関係あるのかな?

遅れている理由とか知りたいな~。何か知りませんか?

実は詳しく知らないんです。誰か教えてー!

ぼくてき

といった方に読んでほしい記事です。

なんでパソコンパーツが値上がりしているのか疑問に思っている人におすすめの記事です。

世界的に半導体や機械部品が長納期化しています。

これはゲーム用グラフィックボードが値上がりし続けている理由でもあります。

世界の状況を理解して、今後の情勢に注目していきましょう。

電子部品製造に必要な半導体の需要が増している

コロナが影響するものやしないものと様々あります。

その中でも、需要が特に高いと言われているのは次の3つです。

  1. 5G関連(スマートフォン・クラウドサービスなど)
  2. 脱炭素関連(電気自動車・太陽光発電など)
  3. 巣ごもり需要(PC・家電)等

上記の3つの理由により、半導体の需要自体が大きく増加傾向にあります。

コロナによるロックダウンで電子部品が製造できない

ベトナムやマレーシアを始めとした東南アジアにおいてロックダウンが実施されています。

ロックダウンが起きると、工場も止まるので必然的に電子部品の生産も止まりますよね。

ぼくてき

これにより生産拠点の縮小・工場操業停止等が発生しています。

そのため半導体の供給ラインに滞りが発生し、需要が増している市場に対応することができていない状況になってしまっているのです。

電子部品を製造している半導体工場の火災

2020年末から火災による半導体工場の操業停止が相次ぎ発生しました。

え、そんなトラブルも起こっていたんですか?

ぼくてき

これにより電子部品製造の状況悪化に拍車をかけました。

  • 2020年10月、旭化成マイクロシステム延岡事業所
  • 2021年3月、ルネサスエレクトロニクスの那珂工場
  • 2021年4月、半導体ファウンドリー※

※世界最大手のTSMCのFab 12B(第6期拡張ライン)

この火災により積み重なった電子部品受注案件の納期に大きな影響を及ぼしました。

電子部品を運ぶコンテナ不足による海上輸送の滞り

世界的に空コンテナ不足が発生しています。

巣ごもり需要により、中国から欧米に向けての輸出が急増しましたが、欧米からの輸出が停滞していることにより世界的にコンテナ不足を引き起こしている状況です。

ぼくてき

加えて、貨物船の船員が外国港で隔離措置が取られていることにより、コンテナ不足はさらに深刻化しています。

電子部品に関わる良いニュースが1つもありませんね。

コンテナどころか船便すら確保できないという状況もあるらしく、スムーズな海上輸送が妨げられてしまっています。

北米寒波による大規模停電が電子部品製造へ影響

これによりコネクタの樹脂製造に影響が発生しています。

2021年2月、米国にて記録的な大寒波があり、その影響で大規模停電が発生しました。

停電により、ナイロン樹脂の特性向上に欠かせないポリアミド材を製造する化学メーカー(世界シェア80%)のラインが1か月間操業を停止しました。

自然災害の影響も受けていたんですね。

ぼくてき

不運としか言えないですよね。

そのため同社より供給を受けていたナイロン樹脂メーカー各社が、こぞって安定供給が不能となり、「不可抗力の宣言」を発する事態になりました。

FM宣言とは、英文契約にある「不可抗力」を意味するフォース・マジュール(Force Majeure)条項を適用させて、契約を守れないことを宣言すると共に、そのことに責任を負わない(免責)ことを取引関係者に示すものです。

一言でいえば、メーカーなどの製造業がこれを宣言した場合、「注文通りに納入できない」「当事者(自分たち)に責任なし」「いつ再開できるかは不明」ということを意味しています。原材料などサプライチェーンの上流で起きると、広範な業界・取引先の生産停止や代替材を探す動きに繋がります。つまり、モノを作るために必要な部材が手に入らないという調達問題の発生となります。

出典元:不可抗力の宣言とは< https://www.toishi.info/car/fm.html >

現在はこのポリアミド材の供給は復活してますが、ナイロン樹脂メーカーは停止していた間に膨れ上がった多大な受注残の消化に追われている状況です。

電子部品で必要なリン青銅問題

銅の値段が不透明になっており、銅の受注が凍結されるような事態も発生してきています。

そのため電子部品のコネクタピンに影響が発生し、コネクタピンが必要な電子部品の長納期化を招いてしまっています。

関連ニュース:銅価格が急騰、相場安定が喫緊の課題に

ステンレス材料(SUS304系)も長納期化して深刻化してきている話

ニッケルが最高値、一時9割急騰 ロシアの供給不安で(日本経済新聞)

客先に製品の納期遅れを説明しなきゃいけないのに、何がどのように長納期化してるんだろう?

どう説明すればいいのか全く整理できてません。

なんでステンレスまで長納期になってるんだー!

もう訳が分かりません!

仲良く取引させてもらっているメーカーの営業担当さんから興味深い話を聞きましたので、大まかな概要を紹介したいと思います。

製品の長納期化に関わる話なので、機械を取り扱うシステムエンジニアの方は必見です。

また、ロシア以外にニッケルを生産している国にについて紹介します。

ロシアのウクライナへの軍事侵攻影響でニッケルに影響が出ている

ロシアのウクライナへの軍事侵攻影響により、オーステナイト系ステンレス材料に使用しているニッケルの入手が、非常に困難な状況となっているようです。

それにより、ステンレスを材料とした部材の長納期化が心配されています。

サラリーマンさん

ステンレスは日常生活の中でも欠かせない素材ですよね。

ぼくてき

ステンレスが使われている日用品が値上がりしないか心配です。

また「ニッケルの入手が困難になるのではないか?」という心配から、市場のニッケル価格が高騰してきています。

取り扱っている商品の中で、ステンレスやニッケルが使われている部品があれば今後は要注意です。

製品の納期が間に合うとしても、材料の価格(コスト)が上がることも予想されます。

実際にニッケルのチャートが上昇していることが確認できるため、信憑性は高いと言えます(2022/4/15現在)。

ステンレス鋼板4%値上げ 日鉄ステンレス、3月契約分(日本経済新聞)

ロシア以外にニッケルを生産している国

ロシアのウクライナへの軍事侵攻影響によりニッケルへ影響が出ていますが、ロシア以外にもニッケルを生産している国はあります。

その中でも重要なニッケル精錬所がある国は次の5か所です

コネクタなどの電子部品が長納期化している理由を理解して立ち回りましょう

電子部品やステンレス材料(SUS304系)の入手が困難になっていることについてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

ぼくてき

徐々に良くなっていくとは思いますが、市場のダメージはとてつもなく大きかったようです。

ステンレスの製造に必要なニッケルの世界的シェアはオーストラリアが大半を占めているので、オーストラリアなどの他ルートを開拓する必要も今後出てくるかもしれません。

ただし、そのルートが整備されるまでの間は、ニッケルの価格は上昇傾向にあるかもしれませんね。

今はいろんなしわ寄せがきているだけだとは思いますが、今のうちに世界情勢をしっかり理解して、今後の仕事のやり方を見直しておきましょう。

その中で、リスクなどを整理しておきながら、今後の世界の動きに注目していきましょう。

システムエンジニアにはやりがいがある

システムエンジニアはしんどい・きつい・難しいという声をよく聞きますが、現役SEの僕が言うのもあれですが本当の事です。

そんな環境の中で心身ともに健康に働けているのは、やりがいがあるからだと思っています。

苦難を乗り越えた分だけスキルが明らかに上がっていて、人間的にもレベルアップできていると実感しています。

どんなスキルがレベルアップしたのかはここで話すと長くなるので、気になる方は記事をチェックしてもらえると嬉しいです。

システムエンジニアはキャリアを育てるのにおすすめです

ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

仕事カテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

ABOUT ME
ぼくてき
ぼくてきと申します。 大手企業に勤める、育児と家事が大好きなシステムエンジニアです。 SEをしながら「ぼくてき.com」を運営しています。 仕事で得たノウハウと、身の回りで見つけた生活の知恵を発信しています。
関連記事