パソコン小技集

Outlookの添付ファイルが本文の途中にあって見つからない!リッチテキスト書式が原因かも

outlookを使っているんですが、添付ファイルがたまに見つからなくなるんだよなぁ。

添付ファイルを良く見失ってしまいます。

なんで見失ってしまうんでしょうか?

メールに書式設定ってありますけど、あれってなにか意味あるんですか?

ぼくてき

という方に読んで欲しい記事です。

Outlookのメールでやり取りをしているときに、添付ファイルが見当たらなくて困ったことはありませんか?

長文のやり取りをするとメールのスクロールバーが長くなり、なぜか本文の途中に添付されたファイルがどんどん埋もれていってしまいます。

こんな時の対処法について解説していきます。

outlookの書式設定がリッチテキストになっている

メールの書式設定がリッチテキストになっている人を結構見かけるのですが、受け取る側としては「テキスト」か「HTML」のほうが有りがたいです。

僕は基本的にHTMLを選択してメールを送るようにしているのですが、簡単にできるので是非真似してみてください。

Outlookの添付ファイルが本文に埋もれて見つからない・・・

こんな感じで「添付ファイル付けてます」と記載してくれていますが、添付ファイルが見当たりません。どうやら下のほうに添付ファイルがあるみたいなので、スクロールバーを下げてみます。

見つかりました。この画像だと悪意がある添付ファイルの付け方ですが、メールのやり取りが続いてくるとこんなケースが起こったりします。

書式設定を変えると添付ファイルが見やすくなる

こういう時は書式設定の形式から「HTML」を選択しましょう。添付ファイルが一気に見やすくなります。

HTMLを選択すると次のような表示になります。

このように添付ファイルが件名の下まで上がってきます。リッチテキストの添付ファイルより選択しやすくなるので、添付ファイルの確認がしやすくなります。

outlookの書式設定は「テキスト」か「HTML」がおすすめです

各書式の特徴について記載します。どちらを選んでも添付ファイルは見やすくなりますので、お好みのほうを選んでください。

テキスト書式の特徴

テキスト書式だとその名の通り、テキストだけでメールを作成することが出来ます。

文字の大きさの変更や、色を付けることが出来なくなります。

その分メールとしてのデータ容量が小さくなるので、送信速度もアップします。

データ容量も小さくなるので、相手のメールボックスを圧迫する心配もなくなります。

HTML書式の特徴

HTML書式だと文章を装飾したり、ハイパーリンクを埋め込んだりすることができます。

ワードでできることがOutlookでもできます。文字の装飾をして極力わかりやすい文章を作りたいので、僕は基本的にHTML書式を選択するようにしています。

Outlookの添付ファイルが見当たらないときは書式設定はチェックしましょう

Outlookの書式設定について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

メールは業務上必要不可欠なツールなので、今回開設した方法は必ず覚えていたほうが良いです。

リッチテキストは使わないようにして、「テキスト」か「HTML」書式でメールのやり取りをするようにしてみてください。

ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

仕事カテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

ABOUT ME
ぼくてき
ぼくてきと申します。 大手企業に勤める、育児と家事が大好きなシステムエンジニアです。 SEをしながら「ぼくてき.com」を運営しています。 仕事で得たノウハウと、身の回りで見つけた生活の知恵を発信しています。
関連記事