自己紹介カテゴリ
ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む
パソコン小技集

ハイパーリンク簡単に埋め込む方法|3ステップで解説します

ハイパーリンクを3ステップで簡単に埋め込む方法
ぼくてき

メールにデータの格納場所を簡単に埋め込みたいんですが、何か良い方法はありませんか?

できるだけメールにはデータを付けたくないんですが、どうしたらいいでしょうか?

といった方に読んでいただきたい記事です。

ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

これから説明するハイパーリンクの埋め込み方法は、個人的に一番早くて楽だと思っています。

これより良い方法があれば、Twitterでなどで是非教えてください。

ぼくてき

有益なショートカットキーを日々探しています。

それではハイパーリンクの埋め込み方法について説明していきます。

ハイパーリンクを埋め込む手順

  1. フォルダのアドレスバーコピーする
  2. 埋め込みたい場所にアドレスを貼付する
  3. ハイパーリンクを埋め込む

早速解説していきます。

手順①フォルダのアドレスをコピーする

参考画像の2021の右らへんをクリックするとアドレスがすべて選択された状態となります。

通常であれば青くなるかと思います。

選択されなかった場合はURLを選択してあげてください。

ぼくてき

Ctrl+Aでも全選択できます。

手順②埋め込みたい場所にアドレスを貼付する

Ctrl+Vでハイパーリンクを埋め込みたい場所(ワードやエクセルやメール)に貼付しましょう。

手順③ハイパーリンクを埋め込む

URLを選択しCtrl+Kを押します。

すると“ハイパーリンクの挿入”ポップアップが出てきます。

“アドレス(E)”の箇所に1.でコピーしたURLが入力されていると思います。

そのままキーボードのEnterを押してください。

入力されていなかったらCtrl+VでURLを貼付してください。

貼付したらEnterを押してください。

手順④ハイパーリンクの埋め込みが完了!

これでハイパーリンクの埋め込みが完了しました。

Ctrlキーを押しながらクリックするとフォルダが開きます。

ハイパーリンクを素早く埋め込みましょう

  1. クリックでURL選択
  2. Ctrl + CでURLコピー
  3. 埋め込む場所でクリック
  4. Ctrl + VでURL貼付
  5. 貼付したURLをマウスで選択
  6. Ctrl + Kでハイパーリンクの挿入を起動
  7. Enterでハイパーリンクの挿入を確定
ぼくてき

慣れたら一瞬です。

個人的におすすめの方法を紹介しました。

上記の手順だと、素早くハイパーリンクを埋め込むことが出来ます。

試してみて気に入れば業務で使ってみてください。

ぼくてき
ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

ぼくてき.comのイチオシ記事

無料で今すぐ家計をコントロールする方法

経済的安定への第一歩を踏み出そう
お金の健康診断口コミまとめ!果たして怪しいサービスなのか?プロに悩みを相談してみよう!
お金の健康診断口コミまとめ!果たして怪しいサービスなのか?プロに悩みを相談してみよう!
システムエンジニアのノウハウを紹介

仕事カテゴリの最新記事

最新の記事はこちらからどうぞ

新着記事

知りたい情報がすぐにわかる

まとめ記事

ホームページに戻る

https://boku-teki.com/computer-tricks/
この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました