パソコン小技集

【Excel】簡単6ステップで表紙を作成する方法

エクセルで表紙を簡単に作りたい!

書類とか表紙が必要になるもんね。

簡単な方法ってなにかないかな?

ぼくてき

といった方に読んでほしい記事です。

簡単にExcelで表紙を作りたい人におすすめです。

今回紹介する方法なら、簡単に表紙が作れると思います。

しかも、単純な設定なのでレイアウトが崩れる心配も少ないです。

タブを作成

シートの右側にある+マークをクリックします。

今回は表紙という名前で作成しました。

拡大/収縮を250%に上げる

上のタブから「ページレイアウト」を選択します。

ページレイアウトを選択した状態で「拡大/収縮」の∧をクリックして250%にします

B列を選択し中央揃えをクリック

まず、B列をクリックして、B列が選択された状態にします。

その後、上のタブから「ホーム」を選択します。

ホームを選択した状態で「中央揃え」をクリックします。

ページ設定の右下の矢印をクリック

上のタブから「ページレイアウト」を選択します。

ページレイアウトを選択した状態で「ページ設定」の右下にある↘をクリックします。

水平にチェックを入れてOK

ページ設定のポップアップが出てくるので余白タブをクリックしてください。

ページ中央欄の水平にチェックを入れてください。

チェックを入れたらOKをクリックしてください。

B列にタイトルを打ち込んで完了

タイトルをB列に記入しましょう。

良い感じに表紙を作ることが出来ます。

Excelで表紙を作るならこの方法一択です

印刷プレビューはこんな感じです。

ぼくてき

表紙はシンプルなのが1番良いですね!

表紙は書類を作るうえで必要になります。

簡単に表紙を作成して、作業効率を上げていきましょう。

ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

仕事カテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

ABOUT ME
ぼくてき
ぼくてきと申します。 大手企業に勤める、育児と家事が大好きなシステムエンジニアです。 SEをしながら「ぼくてき.com」を運営しています。 仕事で得たノウハウと、身の回りで見つけた生活の知恵を発信しています。
関連記事