ビジネスノウハウ

自信がなくなる前に!職場で怒られる理由と対処法を知っておきましょう

職場の上司に毎日怒られて自信喪失してしまいそう…

自分なりに改善しているのに怒られてしまう…

職場で怒られて精神的にキツい…

ぼくてき

という方に読んで欲しい記事です。

気持ちを一新して新たな職場で働きはじめたけれど、先輩や上司に毎日のように怒られて自信がなくなり、精神的に辛いと感じている方も多いのではないでしょうか。

ぼくてき

中には、働きはじめて数ヶ月ですでに転職を考えている方もきっといるでしょう。

しかし、「なぜ先輩や上司は怒っているのか」や「怒られたときの対処法」を知っておくことで精神的にかなりラクになるだけでなく、前向きに働くことができるようになります。

そこでこの記事では、自信がなくなる前に知っておきたい職場で怒られる理由と対処法について詳しくご紹介していきます。

上司や先輩からなぜ怒られるのかを理解することが大切

職場で上司や先輩から怒られる原因は「仕事ができないから」ですが、働きはじめて1年未満、ましてや数ヶ月の勤務期間では職場にも慣れていない方も多いです。

そのため、最初は仕事が円滑にできないことも多いので、怒られることに敏感になる必要はありませんが、怒られた内容をしっかりと理解することが大切になります。

というのも、上司や先輩が怒るということは「何か伝えたい内容がある」からです。

上司や先輩がなにに怒っているのかを理解し、次の仕事でその内容を反映していくようにしていけば、徐々に仕事に慣れていきますので怒られることも少なくなるでしょう。

また、職場で上司や先輩から怒られ続けることは精神的にもかなりツラいですが、前向きに捉えると仕事に慣れるまでの辛抱と考えることもできます。

ぼくてき

怒られた内容を業務において繰り返し修正・改善することで、1年後にはきっとデキる男になっているはずです。

ただ、怒られて自信を無くしそうなら信頼できるほかの上司や先輩に相談するようにしましょう。

ただし、誰も助けてくれないような劣悪な労働環境なのであれば、転職も視野に入れるべきでしょう。

怒ってくる上司や先輩は実力不足の教育係

そもそも、部下に仕事を教えるときに怒って教えるということはあまりにも効率的ではないのです。

教育係の上司や先輩があなたに仕事を教えるときに、「感情的になって仕事を説明する」、「落ち着いた口調で出来ていない部分を明確に教えてくれる」のでは、圧倒的に後者の方がわかりやすくて部下の成長は早くなりますよね。

ぼくてき

これは当たり前のことですが、この当たり前のことが出来ていない上司や先輩は部下の教育係としてはかなり未熟で信用できません。

このようなマネジメント力が欠落した上司や先輩に怒られるくらいであれば、ほかの信頼できる上司や先輩に相談する方が、仕事の成長スピード的にもよっぽど時間効率がいいです。

とはいえ、職場に怒って教育をする上司がいる限りは怒られることは避けられないと思いますので、もし怒られた場合には「この人は余裕がないから怒っているんだ」と思うようにして、なぜ怒られているのかだけを把握すると自信喪失には繋がらないでしょう。

つまり、職場で上司や先輩に怒られることは、あなたが悪いのではなく上司や先輩、そして教育環境を整えておらず上司や先輩の余裕がなくなるような労働環境にしている会社が悪いので、あなたが自信をなくす必要はありませんよ。

職場で上司や先輩から怒られないようにする対処法

職場で上司や先輩から怒られないようにする対処法は下記の3つです。

  1. 新人のうちは言われたことだけをやる
  2. かならず質問してから作業する
  3. 怒られたことだけは改善するようにする

それぞれの対処法について詳しくご紹介していきます。

1.新人のうちは言われたことだけをやる

新人のうちはできる仕事も限られていますし、自分に何ができるのかが明確ではありませんので、自分の考えを業務に追加してしまうと上司や先輩から怒られることにつながります。

ですので、初めのうちは上司や先輩から言われたことだけは絶対にできるようにするようにしましょう。

「自分で考えて仕事をしないと成長できないのでは?」と思うかもしれませんが、業務内容や求められていることが明確でないときから自分で考えて業務をしてしまうと、全体の業務進行に影響が出たり、取り返しのつかないことになってしまう可能性もあります。

そもそも、経験の浅い新人のうちから自分で考えて業務を動かしていく力は求められませんので、まずは目の前の仕事をできるようにしましょう

ぼくてき

そうすることで、期間が経つにつれて怒られる回数は減ってくるはずです。

2.かならず質問してから作業する

新人だからといって、常にそばにいて仕事を教えてくれる上司や先輩がいるわけではありませんので、ある程度は自分の判断で仕事をすることになる場合が多いでしょう。

とはいえ、自分で仕事を判断できる能力がまだないうちから勝手に仕事を進めてしまうと、上司や先輩に迷惑をかけてしまうこともあります。

これを防ぐためにも、少しでも疑問や不明点がある業務に取り掛かるときは、仕事について分かる上司や先輩に必ず相談するようにしましょう。

「先輩は忙しそうだから、今声かけるのは申し訳ない」という理由で声をかけない方も多いですが、仕事のミスを修正する方が時間のかかる作業になってしまいますので、質問することに対して後ろめたさを感じる必要はありませんよ。

3.怒られたことだけは改善するようにする

先ほどお伝えしたように、部下に怒って業務を教える上司や先輩は教育係としては未熟ですが、少なくとも部下よりも仕事についての知識や経験があることは事実ですので、怒られている中で言われた「仕事のダメだった部分」だけは改善するようにしましょう。

一度言われたことを何度も繰り返し同じミスをしてしまうと、上司や先輩から「言われたこともできない人」というイメージになってしまいます。

これでは毎回のように怒られてしまいますので、かならず言われたことだけは改善するようにしましょう。

資格を取得することは自信に繋がる

資格を取得することは、自身のキャリアを成長させるためにも挑戦するべき行動の一つだといえます。

しかし、仕事をしながらスクールに通うといった時間に制約のある勉強方法では、なかなか資格を取得することが難しい状況の方も多いはずです。

アイコン名を入力

空いた時間に資格が取得したい!

そんな方におすすめなのが、スキマ時間に自分のペースで行える「Smart資格」です。

Smart資格とは、一般社団法人日本オンライン資格推進機構(JOCP)が認定する資格講座を展開しているオンライン特化型資格取得スクールです。

Smart資格は、

  1. 在宅・リモートワークに役立つ資格講座が充実
  2. スマホ一台で勉強できる勉強しやすい教材
  3. スマホからそのまま簡単受験&再受験可能(追加料金¥1,500)
  4. 転職、個人サロン開設などキャリアアップをサポート
  5. 低価格で気軽に始められる

といった特徴があります。

ここでは、特に取得してもらいたい資格の内容についてご紹介していきます。

①動画クリエイター資格

動画クリエイター資格は、Adobe premiere Proのマスター資格になります。

コンテンツの内容は下記の通りです。

【コンテンツ目次〜基本編〜】

  • 第1章 編集をする前の準備の流れ
  • 第2章 カット編集の流れ
  • 第3章 テロップの作成方法
  • 第4章 BGM・SEの挿入方法と音量調節
  • 第5章 カラーグレーディング
  • 第6章 カッコいいトランジションの作り方
  • 第7章 効果的なエフェクトの入れ方
  • 第8章 動画の書き出し方法
  • 第9章 おしゃれなサムネイル作成方法
  • 第10章 時間短縮!作業効率を上げる方法
  • 第11章 簡単なOP・EDを作ろう
  • 第12章 自己紹介動画を作ってみよう

【コンテンツ目次〜基本編〜】

  • 第13章 目的別!動画のクオリティを上げよう
  • 第14章 漫画動画を作ってみよう
  • 第15章 エンタメ動画を作ってみよう
  • 第16章 広告動画を作ってみよう
  • 第17章 映画風動画を作ってみよう

Adobeを使った基本操作から応用編まで、まさに動画編集に関するスキルを「マスター」することができるコンテンツとなっています。

また、動画を必要とする各ジャンルに特化した講座内容も含まれているため、即案件を受注することが可能です。

YouTubeやTikTokといった動画コンテンツの増加により、動画クリエイターへの需要が高まるからこそ是非取得しておきたい資格の一つです。

動画クリエイター資格をチェックしてみる

②webライター

メディアサイトなどで記事を執筆するwebライターとして活躍することができる資格です。

コンテンツ内容は下記の通りです。

【講座目次】

  • 第1章:ライターにとって必要なこと
    • ユーザーの目線に立つ
    • ライティングの2つのポイント
    • 世の中の役に立つ
    • 文字単価ではなく時給換算
    • マーケティングの思考力で臨む
  • 第2章:記事を書く上で重要なSEO
    • SEOとは?
    • 4つのクエリ
    • ユーザーの検索意図
    • 内部リンク
    • 外部リンク
    • メタディスクリプション
  • 第3章:ライターとしての必要スキル
    • 文章スキル
    • イエスセット
    • PREP法
    • 執筆スピードの速さ
    • コミュニケーションスキル
    • 連絡の早さ
    • スケジュール管理能力
  • 第4章:記事作成前の準備
    • 構成書作成
    • 競合チェック
    • 記事タイトル・見出し作成
    • メタディスクリプションの作成
    • 検閲者に確認依頼
    • 執筆開始
  • 第5章:記事を仕上げる
    • タイトルの作り方
    • 見出しの作り方
    • 内部リンクの入れ方
    • 外部リンクを入れる際の注意
    • まとめ見出しの目的とコツ
  • 第6章:実務・ワードプレスの使い方
    • WordPressの使い方
    • ログインページ
    • ダッシュボード
    • 入稿編
      • 装飾ルール
      • アイキャッチ
      • カテゴリー
      • タグ

… 全10章のボリューミーな構成

全講座を修了後、テストライティングで添削を終えたのち納品完了すると資格が付与されます。

資格を付与された方は姉妹メディアである「資格Hacks」でのライティング案件を依頼されるようになっているので、資格取得後、即webライターとして活躍することができます。

クラウドワークス内でも500,000以上を超える案件があるため、需要量の多いwebライターの資格を取得することは大変大きなメリットがあるといえます。

webライター資格をチェックしてみる

③オンライン心理カウンセラー

こちらの資格は対面ではなく、電話やオンライン相談に特化した心理カウンセラー認定資格となります。

コロナ禍によるメンタルヘルスの重要性が示唆される今、「心の相談件数」は増加傾向にあります。

今後も需要が増え続けていくことを考えると、資格を取得しておいて損はないといえます。

コンテンツの内容は下記の通りです。

【教材目次】

  • 第1章 カウンセリングとは
  • 第2章 カウンセラーの3つの基本条件
  • 第3章 コミュニケーションスキル
  • 第4章 心理学について
  • 第5章 精神分析的理論
  • 第6章 自己理論
  • 第7章 行動主義
  • 第8章 特性・因子理論
  • 第9章 実存主義
  • 第10章 交流分析
  • 第11章 論理療法
  • 第12章 ケーススタディー
  • 第13章 仕事の獲得方法
  • 第14章 オンラインカウンセラーのためのZoomの使い方
  • 第15章 個人サロン開設方法

資格を取得した後にどのように資格を活用していけばいいのか迷われる方でも、独立の仕方などのサポートも充実しています。

是非、何か人の役に立ちたい、メンタルケアの方法を知りたいという方におすすめです。

Smart資格はスマホ一台で気軽に始められる資格講座なので、仕事が忙しくまとまった時間がとれない方、小さなお子様がいる方や家から出ることが難しい方でも在宅でキャリア促進をすることができます。

現在、『リモートワーク推進キャンペーン中』のため全ての資格講座が割引されています。

また、Smart資格公式アカウントに友達登録すると限定クーポンや自分に合った資格の適性診断を行うことができます。

この機会に是非自分のキャリアアップをするためにも行動しましょう!

オンライン心理カウンセラー資格をチェックしてみる

職場で怒られることは決してあなたの責任ではありません

この記事では、自信がなくなる前に知っておきたい職場で怒られる理由と対処法について詳しくご紹介していきました。

怒られるということはとてもツラいことですので、転職しようと考えたり会社を辞めることを考えたりと、ついついネガティブな方向に考えてしまいますよね。

ただ、「自分が仕事ができないから…」や「ほかの人に比べて能力がないから…」と考える必要はまったくありませんし、悪いのは決してあなたではありません。

強いて挙げるとすれば、教育環境を整えておらず上司や先輩の余裕がなくなるような労働環境にしている会社です。

とはいえ、明確にあなたの失敗で怒られるときもありますよね。

そんな時は、しっかりと自分の失敗を反省して次に活かせば問題ありませんし、失敗をしないと気づかないことはたくさんあります。

そして、職場で怒られ続けて自信がなくなってしまい精神的にもツラいのであれば、転職や会社を辞めるという選択肢は間違いではありませんが、その前に話を聞いてくれる同僚や上司、先輩、さらには人事担当などに一度相談してみることがいいでしょう。

せっかく入社してこれから仕事を一生懸命頑張るという時期に、上司や先輩から怒られて会社を辞めるのは少しもったいない気がします。

自分で悩んでも改善できる内容ではありませんので、自信喪失する前に行動しましょう。

ぼくてき

ここまで読んでいただいてありがとうございました!

仕事カテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

ABOUT ME
ぼくてき
ぼくてきと申します。 大手企業に勤める、育児と家事が大好きなシステムエンジニアです。 SEをしながら「ぼくてき.com」を運営しています。 仕事で得たノウハウと、身の回りで見つけた生活の知恵を発信しています。
関連記事