Catchyの使い方

AIライティングツールを使って無料で記事を作成する方法【Catchy】

ぼくてき

AIライティングツールを使って、無料で記事を作成する方法はありますか?

無料で生成される記事のクオリティって低いんじゃないんですか?

試しにAIに文章を作らせてみたいです。

どうせAIが作る文章なんて大したことないだろう。

ぼくてき
ぼくてき

といった方に読んでいただきたい記事です。

この記事では「Catchy無料プラン記事を作成する方法」を解説していきます。

ぼくてき

使用するのは「記事作成ワークフロー」という機能です。

AIライティングに対して、「よくわからない」や「受け入れられない」といった意見を持っている人は多いと思います。

Catchyの無料プランは「無料で高性能AIの機能を使うことができる」良い機会でもありますので、まだAIの機能を使ったことがない方は、この記事を読みながらチャレンジしてみてください。

Catchyの無料プランを登録してみる

STEP1:タイトルを作成する

ぼくてき

今回は「AIライティングの将来」をテーマに記事を作成したいと思います。

まずはタイトルを生成するために、記事のトピック(話題)をCatchyに教えてあげます。

「記事のトピックを教えてください」と書かれている下のBOXに、文章を入力しましょう。

入力するときのポイントは「具体的かつ簡潔に文章を入力」することです。

ぼくてき

箇条書きで思いつく限り入力しましょう。

短くわかりやすい文章を入力することで、AIが文章の意図を読み取ってくれやすくなります。

トピックが入力できたら「作成する」をクリックしてください。

クレジットを1消費して、いくつかのタイトル候補が生成されます。

今回は4つのタイトル候補が出力されました。

今回は一番上の生成されたタイトルを使います。

選択は生成された文章の左にある〇をクリックしましょう。

丸をクリックするとタイトルがセットされ、次の「STEP2:導入文を作成する」に移ります。

STEP2:導入文を作成する

次に記事の導入文を生成するために、書きたい記事の内容を少しだけCatchyに教えてあげましょう。

「何について書きたいか、少し教えてください。」と書かれているBOXに文章を入力しましょう。

ポイントは①と同じく「できるだけ短くてわかりやすい文章」を意識して入力することです。

ぼくてき

文章が出てこない場合は、とりあえず思ったことを入力してもOKです。

意味が分かる文章であれば、だいたい読み取ってくれます。

書きたい記事の内容を入力したら「作成する」をクリックしてください。

クレジットを2消費して、いくつかの導入文候補が生成されます。

今回は2つの導入文候補が出力されました。

今回は一番上の生成された導入文を使います。

選択は生成された導入文の左にある〇をクリックしましょう。

丸をクリックすると導入文がセットされ、次の「STEP3:見出しを作成する」に移ります。

STEP3:見出しを作成する

次に見出しを生成するのですが、ここでは文章を入力する必要はありません。

見出しの作成は、STEP1とSTEP2で生成された文章を使って行います。

「作成する」をクリックすれば、クレジット1消費して見出し案を生成してくれます。

選択は生成された見出しの左にある〇をクリックしましょう。

丸をクリックすると導入文がセットされ、最後の「STEP4:本文を作成する」に移ります。

STEP4:本文を作成する

最後に本文を生成します。

「作成する」をクリックすれば、クレジットを4消費して記事の本文を生成してくれるのですが、一旦ここで一呼吸置きましょう

ぼくてき

本文を生成する前にポイントがあります。

一気に4クレジット消費しますので、ポイントを確認してから「作成する」をクリックしてください。

本文を生成する前のポイントですが、「見出しがなんか物足りない・・・」や「見出しが薄い」と感じたら追加の見出しを入力しましょう。

今回は「見出しの追加無し」と「見出しの追加有り」の2パターンで記事本文を生成してみます。

パターン1:Catchyで生成した見出しを使って本文を生成

「作成する」をクリックすると、数十秒かけて本文を生成します。

記事の本文が生成されました。

今回は879文字の文章が生成されましたが、生成された内容は特に問題ありませんでした。

生成された記事本文

h2:AIライティングとは?

AIライティングとは、人工知能の力を借りて行うライティングのことです。

AIライティングは、記事を作成したり、文法添削を手伝ったりと、さまざまな用途で活用することができます。

AIライティングには様々なメリットがあるので、次の項目でご紹介します。

h2:AIライティングのメリット

AIライティングには、さまざまなメリットがあります。

まず、AIライティングは時間の短縮につながります。

例えば、学生で小論文を書く必要がある場合、AIライティングを利用することで、より早く小論文を書くことができます。

2つ目に、AIライティングは、文章の質を向上させるのに役立ちます。

例えば、文法のミスが多い場合、AIライティングを使えば、そのミスを修正することができます。

3つ目に、AIライティングは、あなたがより創造的になるのを助けることができます。

例えば、次のブログ記事のアイデアが浮かばないとき、AIライティングを使えば、アイデアを生み出すことができます。

h2:AIライティングの未来

では、AIライティングの未来はどうなるのでしょうか。

さまざまな予測があります。

まず、AIライティングがより広く普及することが予測されます。

これは、AIライティングのメリットが広く知られるようになり、利用する人が増えるからです。

2つ目は、AIライティングの品質が向上することです。

これは、AIライティングに使われる技術がどんどん向上し、AIライティングを使うライターの腕も上がっていくからです。

3つ目に、AIライティングはよりクリエイティブになると予測されています。

これは、AIライティングを使うライターが、AIライティングを試し続け、新しい使い方を見つけるからです。

h2:まとめ

AIライティングとは、人工知能の力を借りて行うライティングのことです。

AIライティングには、時間の節約、文章の質の向上、創造性の向上など、さまざまなメリットがあります。

AIライティングの将来性は高く、より広く活用され、より高品質で、よりクリエイティブなものになることが期待できます。

(879文字)

続いて「見出しを追加」して本文を生成してみます。

パターン2:見出しを追加して本文を生成

見出しを2つ追加した場合、文字数は1023文字になりました。

ただし、5と6の見出しが「AIライティングの未来」という見出しにまとめられていました。

見出しは1つ減ってはいましたが、見出しを手動で追加する方法は、有効だと感じました。

生成された文章も特に問題なさそうです。

生成された記事本文

h2:AIライティングとは?

AIライティングとは、人工知能によって行われるライティングの一種です。

つまり、コンピュータのプログラムを使って文章を生成することです。

AIライティングには、さまざまな用途があります。

例えば、ニュース記事の作成や、マーケティングコピーの生成に利用することができます。

h2:AIライティングのメリット

AIライティングを利用するメリットはいくつもあります。

まず、コンテンツを素早く作成するために利用できることです。

特に報道機関など、大量のコンテンツを作成する必要がある企業には有効です。

2つ目に、AIライティングは、読者のニーズに合わせてカスタマイズされたコンテンツを作成するために使用することができます。

これは、読者の好みを考慮したコンピュータープログラムを組むことができるからです。

3つ目に、AIライティングは、間違いのないコンテンツを作成することができます。これは、公開前に文章を校正するようプログラムすることができるからです。

h2:AIライティングのデメリット

AIライティングの利用には、いくつかのデメリットもあります。

まず、コンピュータープログラムによって生成された文章は、読みにくいことがあります。

文章がぎこちなくなったり、文法がおかしくなったりすることがあるからです。

2つ目に、コンピュータープログラムによって生成された文章は、理解するのが難しい場合があります。

これは、コンピュータ・プログラムが文脈の手がかりを生成する機能を持っていないためです。

3つ目に、コンピュータ・プログラムによって生成されたテキストは、共有するのが難しい場合があります。

これは、テキストが従来のテキストとは異なる形式であることが多いためです。

h2:AIライティングの現在

AIライティングは、今日、さまざまな組織で利用されています。

例えば、報道機関では、ニュース記事の生成にAIライティングを利用しています。

マーケティング組織では、マーケティングコピーの生成にAIライティングが使われています。

また、教育機関では、教材制作にAIライティングが活用されています。

h2:AIライティングの未来

AIライティングの将来を予測することは困難です。

しかし、AIライティングの利用は増えていくと思われます。

というのも、AIライティングの利点が明らかになってきているからです。

技術の向上とともに、AIライティングはより一般的になっていくと思われます。

(1023文字)

無料プランなら月1回記事を生成することができます

Catchyの「記事制作」ツールは、基本的に案内に沿って文章を入力すれば、記事を作成することができます。

しかし、実際に使ってみて、いくつかのポイントがあったので今回紹介させていただきました。

無料プランのクレジット数だと1記事しか作成することができません。

しかし、貴重なクレジットだからこそ、積極的に使うことをおすすめします。

「もっと記事を作りたい!」

「クレジット数を気にせずにCatchyの生成ツールを使いたい!」

という方は、有料のプランに契約すれば、より多くの文章を生成することができます。

有料プランの詳細については公式サイトをチェックするか、以下の記事を参考にしてみてください。

Catchy公式サイトをチェックする

ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

他の「Catchyの使い方」を解説した記事を見る。

生活カテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました