Catchyの使い方

AIライティングツールを使うときの3つのコツ【Catchy】

ぼくてき

AIライティングツールでイメージ通りの文章が生成できません。

そもそも、AIライティングツールに入力する文章が苦手です。

ぼくてき
ぼくてき

といった方に読んでいただきたい記事です。

ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

今回は、AIライティングツール「Catchy」を使ってイメージ通りの記事を作成するための3つのコツをご紹介します。

Catchyを使って文章を生成するとき、ポイントを押さえておかないと、イメージ通りの記事が作成できないことが多いです。

ぼくてき

何も考えずに文章を入力して生成してしまうと、イメージとは違う文章が生成されてしまうことが多い気がします。

また、無料プランだとクレジット数に制限があるため、有料のプロプランを契約して記事を作成したほうが、よりイメージ通りの記事を作成することができます。

「まだCatchyで記事を作成したことが無い!」という方は、こちらの記事で「無料で記事を作成する方法」を紹介しています。

ぼくてき

無料プランであれば、記事を無料で1つ作成することができます。

この記事で紹介するコツは、Catchyに限らず他のAIライティングツールでも活用できますので、是非参考にしてみてください。

AIライティングツールで文章を生成するコツ3選

AIライティングツールのコツは以下の3つです。

  1. 人間に伝えるかのようにわかりやすく文章を入力する
  2. できるだけ簡潔に文章を入力する
  3. 入力する文章にSEOキーワードなどを含める
  4. 納得いく文章が生成されるまで微調整をする

人間に伝えるかのようにわかりやすく文章を入力する

AIライティングツールを使って文章を生成する場合、人間に伝えるようにわかりやすく入力することが重要です。

なぜなら、AIツールは入力された文章を元に文章を生成するように設計されているからです。

入力された文章が明確でなければ、AIツールもまた明確でない文章を生成する可能性があります。

できるだけ簡潔に文章を入力する

AIライティングツールで文章を生成する場合、文法的に正しい文章を生成するために、できるだけ簡潔文章を入力することが重要です。

ツールによっては、類語辞典など文型の選択肢がある場合もありますが、あくまで誤りのない文章を入力することが目的であることを忘れないようにしましょう。

わかりにくいな文章を入力すると、理解しにくい文章が作成される可能性がありますので注意しましょう。

入力する文章にSEOキーワードなどを含める

AIライティングツールを使ってテキストを生成する場合、入力するテキストにSEOキーワードなどを含めることが重要です。

そうすることで、ターゲットとなるユーザーに関連した文章を作成することができ、検索エンジンのランキングを向上させるのに役立ちます。

なお、公開する前に必ず文章を校正し、生成された文章が不自然で無いかを確認しましょう。

納得いく文章が生成されるまで微調整をする

AIライティングツールを使ってテキストを生成する場合、満足のいくテキストが生成されるまで微調整を行うことが重要です。

この作業は時間がかかるかもしれませんが、生成されたテキストを最高の品質にするために重要です。

また、満足のいくテキストが生成されるまで生成プロセスを繰り返すことも重要です。

そうすることで、高品質で、必要な要件をすべて満たしたテキストが生成される可能性が高くなります。

おすすめのCatchy文章生成ツール

ここまで紹介してきたコツを活用できる、おすすめの生成ツールは以下の3つです。

  1. 短文を長文に
  2. 要点から文章を膨らませる
  3. キーワードから文章を生成

上記のツールは文章を入力してあげれば、入力した文章よりも長い文章を生成してくれます。

具体的な使用方法としては以下の3つがあります。

  1. とりあえず自分で考えたタイトルを入力して生成する
  2. あらかじめ考えた見出しを入力して文章を生成する
  3. 生成された文章が物足りなく感じたら、目についた文章や単語で文章を生成してみる

Catchyにインプットさせる文章の微調整を何度もすることで、よりイメージに近い文章を生成することができます。

ただし、クレジット数に限りがある場合は何度も試すことはできないので、Catchyにインプットさせる文章の質を十分にあげてから、文章を生成するようにしましょう。

AIライティングツールのコツを掴めばイメージ通りの文章を生成することができます

AIライティングツールは、自分では思いつかないようなアイデアやコンセプトを生み出すことができるため、オリジナリティのある文章をを作成することができます。

さらに、AIライティングツールは、編集や校正もサポートしてくれるので、よりクオリティの高いコンテンツに仕上げることができます。

この記事で紹介したコツを実践してもらえれば、イメージ通りの文章を生成できる可能性が高くなるはずなので、是非参考にしてみてください。

AIがライティング【Catchy】
ぼくてき
ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

他の「Catchyの使い方」を解説した記事を見る。

生活カテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました