自己紹介カテゴリ
ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む
Catchyの使い方

AIが生成した文章はGoogleにばれるのか?発見を回避できる?

ぼくてき

結論から言うと、AIで生成されたテキストについては、ウェブ用にフォーマットされた方法によって、Googleが発見することがよくあります。

Googleは、AI生成コンテンツを検出するアルゴリズムに取り組んでおり、その能力は今も向上しています。

ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

なんでGoogleはAIが作った文章だとわかるのか

AIが生成したテキストは、認識しやすい明確なパターンを持っているため、発見しやすくなっています。

そのため、Googleのアルゴリズムは、AIが生成したテキストをそのように識別し、適切な措置を講じるか、まったく措置を講じないかのいずれかを行うことができるようになります。

Googleからのペナルティを回避するためには?

SEOを最適化し、AI生成コンテンツとして検出されないようにするためには、AI生成コンテンツが検索エンジンにアクセスできるようなフォーマットになっていることを確認することが重要です。

対策さえすれば、多くのAIで生成されたコンテンツが主要な検索エンジンにインデックスされ、検索で見つけることができるようになります。

ただし、AIが生成したコンテンツは、経験豊富な人間のライターが作成したコンテンツと同じ品質や関連性でないことが多いので注意が必要です。

あわせて読みたい
Catchy(キャッチー)の有料プランをレビュー|AIライティングツール
Catchy(キャッチー)の有料プランをレビュー|AIライティングツール
この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました