育児

赤ちゃんのための出費を節約する方法

ぼくてき

節約するときに大切なことは?

どのように節約をすればいいの?

お買い物で節約するコツはある?

ぼくてき

赤ちゃんにかかる出費を節約するときにこのようなお悩みはありませんか?

ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

この記事は「赤ちゃんの出費を節約したい!」と考えている親御さん向けの記事です。

赤ちゃんにかかる出費は大きくなってしまいがちですが、さまざまな方法で節約をすることができるのです。

この記事を読むことで、赤ちゃんに必要なアイテムの費用を節約する方法を知ることができます。

では、どのように出費を抑えることができるのか、紹介していきます。

無理の無い範囲で節約する

  1. 赤ちゃんのためにお金を貯める家庭も多いが、ただ「削る」だけではお金以外の問題も出てくるので、無理のない範囲で貯めることが大切
  2. 節約には「衛生面」と「夫婦の意見」が特に重要
  3. 「夫婦の意見」は、節約できるところを見極めることができるため、節約する上で重要

赤ちゃんのために節約をするご家庭はとても多いですが、ただ単に”出費を抑えるだけ”の節約ではお金以外の問題が生じてしまう場合もありますので、無理のない範囲で節約をおこなう必要があるのです。

中でも「衛生面」と「夫婦の意見」は節約をする中でとても大切になりますので、それぞれについて詳しくご紹介していきます。

衛生面をしっかり考える

  1. 哺乳瓶やおしゃぶりなど、明らかに衛生的に問題があると思われるものは、お下がりとして使用しない
  2. 哺乳瓶やおしゃぶりは洗浄・消毒すれば問題ない場合もあるが、譲る側が衛生面の問題を懸念して譲らない場合もある

哺乳瓶やおしゃぶりなど、おさがりだと明らかに衛生面に問題があるものは使用するのはやめましょう。

哺乳瓶やおしゃぶりなどはキレイに洗って消毒をすれば問題ないのかもしれませんが、譲る側も衛生的な問題が気になってこころよく譲ることができない可能性もありますので、常識的に考えて衛生的な問題があるものはおさがりで使用するのはよくありません

夫婦で意識レベルを合わせる

  1. 中古のベビー用品を手放すことを検討する場合、まずはパートナーとよく話し合うようにすること
  2. お下がりが節約のために適切な方法かどうかで意見が分かれることもあるので、パートナーと詳しく話し合うようにする
  3. 誰もが中古品を受け取ることに抵抗があることを念頭に置き、お下がりを贈ることを決定する際には配慮が必要

赤ちゃんの洋服やベビーカーなどをおさがりで譲り受けることで大きな節約になることは間違いありませんが、おさがりが嫌だという方もいることを忘れてはいけません。

ですので、おさがりでの節約を考えるときはしっかりとパートナーと相談をして検討するようにしましょう。

ほかにも、「ここは節約するところではない」という細かい部分で意見が食い違うことも多いので、その辺りもしっかりと話し合うことがオススメですよ。

おさがりを活用する

  1. おさがりを使うことは、出産費用を節約するための定番の方法
  2. 赤ちゃんの成長は早いので、すぐに服が着られなくなり、ベビーカーも手放せなくなる
  3. たとえ不要なものをもらったとしても、自分がお金を払って購入したことを忘れずに、しっかりお礼を言うことが大切

赤ちゃんの出費を節約するには、おさがりを活用することは定番です。

赤ちゃんは成長するスピードがとても早いので、あっという間に洋服が着れなくなってしまったり、ベビーカーを使わなくなってしまうものですよね。

もし身内や友人などに赤ちゃんがいるのであれば、おさがりを譲ってもらえないか話しておくといいでしょう。

相手が必要のないものを譲り受ける場合でも、お金を払って購入したことを忘れずにしっかりとお礼をすることが大切です。

哺乳瓶の消毒は除菌じょ~ずを使う

  1. 除菌じょ~ずは哺乳瓶を電子レンジで殺菌し、衛生的に保管することができる
  2. 電子レンジがあれば消毒できるので、消毒液やガス代が節約できる
  3. 5分で消毒が完了するので時短になる

赤ちゃんが直接口をつけて使用する哺乳瓶を消毒するときはお鍋で煮沸をしたりしますが、「除菌じょ〜ず」を使用することで電子レンジで簡単に除菌ができて、さらにそのまま衛生的に保管もすることができます。

消毒液やガス代などの出費を節約することができますし、時短にもなりますのでオススメですよ。

https://boku-teki.com/combi-removing-bacteria

買い物のコツ

赤ちゃんにかかる出費を節約する買い物のコツは下記の5つです。

  1. 本当に必要か考える
  2. フリマアプリを使う
  3. リサイクルショップで買う
  4. 100均を使う
  5. まとめ買い

それぞれのコツについて詳しくみていきましょう。

本当に必要か考える

  1. まず、本当に必要なものは何かを考え、買い物をする
  2. 「便利だけど必要ない」ものを買わないようにすれば、出費を抑えることができる

まずは、本当に必要なものなのかを考えて買い物をするようにしましょう。

「あったら便利だけど無くても問題ない」というものは買わないようにすると出費を抑えることができます。

フリマアプリを使う

  1. ベビー用品を安く購入するには、フリマアプリを利用するのがおすすめ
  2. 「誰が使ったかわからないからフリマアプリは不安」という方は、ジモティなど直接受け取ることができるサービスを利用してみるのもよい

赤ちゃん用品をおさがりで譲り受けられる相手がいないという場合は、フリマアプリを使用することで安く赤ちゃん用品を購入することができます。

「フリマアプリでは誰が使ったのか分からないから不安…」という方は、ジモティなどの対面で受け取ることのできるサービスを利用してみるといいでしょう。

リサイクルショップで買う

  1. リサイクルショップは、ベビー用品を安く購入できるという点では、フリマアプリに似ている
  2. リサイクルショップでは、購入する前に実際に商品を見ることもできる
  3. そのため、気に入ったアイテムを見つけやすい

リサイクルショップもフリマアプリと同様に安く赤ちゃん用品を購入することができますが、それだけではなく商品を実際に目で見てから購入することができます。

できるだけキレイなものを選びたい方はリサイクルショップを利用するといいでしょう。

100均を使う

  1. ベビー用品は高価なものが多いが、100均の商品をチェックするのもおすすめ
  2. おしゃぶりやベビーオイルも充実しているので、節約したい人は要チェック

赤ちゃん用品は高いものも多いですが、実は100均でも販売されていることもあるのでチェックしてみることがオススメです。

おしゃぶりやベビーオイルなども充実していますので、節約したい方は要チェックですよ。

まとめ買い

  1. ベビー用品は「なくなったら買う」という方も多いと思うが、実はまとめ買いをした方が安くなることが多い
  2. 例えば、西松屋やアカチャンホンポのセール時や、Amazonや楽天市場などの通販サイトのタイムセール時にまとめ買いするとお得

赤ちゃん用品が無くなってしまったら購入するという方も多いですが、実はまとめ買いした方が安くなることも多いのです。

例えば、西松屋やアカチャンホンポなどのセール時にまとめて購入することや、Amazonや楽天市場などの通販サイトのタイムセール時にまとめて購入するとお得になります。

子供のためにも無理のない範囲で節約を行いましょう

  1. 出産に伴う出費はかさむことが多い
  2. 何の対策もしなければ、その出費は大変なものになる
  3. 赤ちゃんを産むのにかかる費用を相殺するための方法はたくさんある
  4. 家族や友人の経験談を聞くことができる
  5. 市町村で行っている補助などがないか調べてみることも大切
  6. 「子育てと節約」についてアドバイスしているウェブサイトや本がたくさんある

本記事では、赤ちゃんにかかる出費を節約する方法についてご紹介していきました。

赤ちゃんにかかる出費は何の対策もしないと嵩む場合が多いので、しっかりとした対策をするようにしましょう。

ぜひ本記事を参考にして賢く節約をしてみてください。

他の「育児と節約」について解説した記事を見る。

ぼくてき
ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

育児・子育てカテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました