自己紹介カテゴリ
ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む
生活

電動キックボードにはどんな歴史があるのか?話題の交通手段

ぼくてき

電動キックボード(e-boards)は、2000年代初頭から存在していました。

最初の量産モデルは、Solowheel、HovertraxとHovertrax 2.0、Io Hawkなどの企業の親会社であるInventist, Inc.によって米国で生産されました。

Solowheel Hovertrax

電動キックボードは、年々徐々に人気を集め、現在では個人の移動手段としての主流となっています。

ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

電動キックボードは日本で流行るのか?

日本での電動キックボードの普及の可能性は、まだはっきりとは言えませんが、かなりあると思います。

通勤・通学客が増加し、より効率的で楽しい交通手段が求められる中、電動キックボードは日本の人々にとって素晴らしい選択肢になる可能性があります。

また、都市化が進む中、電動キックボードは移動手段として非常に有効です。

環境に優しい交通手段の人気が高まっていることや、地域によっては法律が緩和されていることもあり、電動キックボードは日本市場において有望な選択肢となりそうです。

あわせて読みたい
電動キックボードを通販サイトで購入するならどこがいい?過度の支出をしないために
電動キックボードを通販サイトで購入するならどこがいい?過度の支出をしないために
ぼくてき
ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました