生活

電動キックボードにナンバーはなぜ必要?いつから不要になる?

ぼくてき

電動キックボードに乗るときはナンバープレートが必要と聞いたんですが本当ですか?

電動キックボードにナンバープレートを付けなかったらどうなるんですか?

ぼくてき
ぼくてき

といった方に読んでいただきたい記事です。

ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

この記事は、電動キックボードに関する現在の法律が気になる方向けの記事です。

電動キックボードにナンバープレートを付けることがなぜ重要なのかについて解説しています。

この記事を読めば、法律を守り、自分自身と他の人の安全を守ることの大切さがわかるはずです。

電動キックボードは「車両」に当たる

電動キックボードは「車両」に当たるためナンバープレートが必要です。

電動キックボードは、電気モーターを動力源とし、高速で走行できるため、「車両」とみなされ、ナンバープレートが必要となります。

ぼくてき

2022年11月現在、電動キックボードは「原動機付自転車」に当たります。

ナンバープレートを付けずに電動キックボードに乗っているところを発見された場合、罰金の対象となることがあります。

標識(ナンバープレート)の取り付けが必要

すべての電動キックボードには、適切な登録とトラブル時の所有者の確認のため、常にナンバープレートを取り付けるようにしましょう。

ぼくてき

2022年11月現在、電動キックボードにはナンバープレートを付けることが義務付けられています。

道路運送車両法に基づき、ナンバープレートは車種区分に応じて装着する必要があります。

これは、道路を走るすべての車両を適切に識別し、違反があった場合に運転者の責任を追及できるようにするためのものです。

電動キックボードにナンバープレートを付けてないとどうなる?

ナンバープレートを付けずに電動キックボードに乗ることは「重大な違反行為」に当たります。

捕まると高額な罰金が課される可能性があります。

ナンバープレートを付けずに車を運転することは法律で禁止されています。

ナンバープレートなしで捕まると、罰金の対象となります。

ナンバープレートなしで運転することは重大な犯罪であり、重大な結果をもたらす可能性があります。

あなたがナンバープレートなしで運転して捕まっている場合、あなたは罰金、懲役刑、またはその両方の対象となる可能性があります。

また、ナンバープレートを付けずに走行すると、他のドライバーから見えにくくなり危険です。

そのため、重大な事故につながる可能性があります。

日本で電動キックボードに乗ろうと思っている人は、まずナンバープレートを取得するようにしましょう。

道交法が改正されればナンバープレート無しでも乗ることができる


現在、道路交通法の改正が行われていますが、その中の一つに、電動キックボードのナンバープレート無しでの乗車を認める案があります。

これは、多くの人にメリットをもたらすことが考えられます。

  1. 電動キックボードは車両登録が不要になる
  2. キックボードユーザーにとっては、時間と手間が省け、誰にとっても交通の便がよくなる
  3. ちょっとした移動に車の代わりに電動キックボードを利用する人が増え、道路の交通量が減る
  4. 交通渋滞や公害も減り、より健康的で持続可能な環境づくりにつながる

また、現在はナンバープレートの購入や維持にお金がかかるので、法改正されればキックボードに乗るときにかかる費用が安くなることが考えられます。

電動キックボードが普及すれば、より多くの人が電動キックボードを主な交通手段として利用できるようになるはずです。

そうすれば、キックボードがより身近なものになり、交通渋滞や公害を軽減し、より手頃な価格で購入できるようになることが考えられます。

ルールを守って電動キックボードに乗りましょう

電動キックボードを操作する際には、安全に楽しむためにルールを守ることが大切です。

電動キックボードを使用する際には、自分自身や他の人にとっても良い経験になるように、以下のような注意事項があります。

  1. 電動キックボードは、舗装された滑らかな路面での使用を想定しています。
  2. 電動キックボードを使用するときは、必ずヘルメットや膝当てなどの保護具を着用してください。
  3. 制限速度を守り、急停車や急カーブを避けてください。

ルールを守って電動キックボードの印象を良くしていきましょう

Amazonで電動キックボードを探す

ぼくてき
ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

他の「電動キックボード」に関する記事を読む。

生活カテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました