家計の見直し

家計の見直しをするならまずは固定費から削減するべき理由とは

ぼくてき

どんな固定費を優先的に見直すべき?

固定費はどんな種類がある?

固定費の見直し方を知りたいです。

ぼくてき

家計の見直しについてこのようなお悩みはありませんか?

ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

本記事では、固定費を改善して家計を見直す方法についてご紹介していきます。

「お金を節約して経済状況を改善したいと考えている人」にとって、おすすめの記事となっています。

この記事を読むことで、出費を減らして予算をさらに伸ばす方法を知ることができます。

金額の多い固定費から優先的に見直す

  1. 固定費のうち、削減しやすいのは “定額サービス” や “水道光熱費”
  2. “スマホ代””固定回線費””保険料 “など、金額の大きい固定費は優先的に見直すべき
  3. 固定費の削減は、家計を見直す際に大きな節約効果を発揮する
  4. また、固定費の中でも特に高額な “住居費 “や “車関連費 “もよく考えて見直すことが大切

家計の見直しをするとき、まずは高額な出費となる固定費から優先的に見直していきいましょう。

というのも、固定費は毎月かかる支出ですので、少しでも減らすことで年間の支出を大きく減らすことができるからです。

例えば、固定費を月々1,000円減らしただけでも、年間にすると12,000円の固定費削減に繋がります。

このように、固定費の削減は家計を見直すときに大きな節約効果があるのです。

固定費の中でも簡単に削減できる項目は、「サブスクリプションサービス」や「水道光熱費」の見直しですが、優先度的には「スマホ代」や「固定回線費」、「保険料」などの金額の高い固定費を見直すといいでしょう。

また、固定費の中でもっとも高額となる「住宅費」と「車関係の費用」についても熟考して見直すことが大切です。

家計を圧迫する最大の原因は住宅費

  1. 一般的に住居費は収入の3分の1以内に抑えるべきとされているが、3分の1以内であっても家計を圧迫している場合は改善すべき
  2. 賃貸契約を結んでいる場合は、家賃について大家さんや管理会社に相談したり、場合によっては、より安価な賃貸住宅への引っ越しを検討するのもいい
  3. 持ち家の住宅ローンを組んでいて、利息を減らしたい場合、現在の家計が厳しい場合は、完済までの期間を短くする「期間短縮」や、毎月の返済額を減らす「返済額軽減」などを検討する

住宅費は固定費として高額になりますが必要不可欠な支出ですので、どれだけ家計にあっている住居費を支払えているかが大切になります。

一般的に言われているのは、収入の3分の1以内に家賃を住宅費を抑えるということですが、それ以内であっても家計が圧迫されているのであれば改善するべきです。

賃貸契約を結んでいるのであれば、大家さんや管理会社に家賃相談してみるのもいいですし、場合によってはより家賃の安い賃貸への引っ越しを考えることもいいでしょう。

持ち家で住宅ローンを組んでいる場合で、利息を減らしたいという方は完済までの期間を短くする「期間短縮型」、現状の家計が苦しい場合は毎月の返済額を減らす「返済額軽減型」という繰り上げ返済を検討してみることもオススメです。

車に関わる費用を見直すことで家計が大きく改善される

  1. 車を所有しているだけでも「駐車場代」「車検代」「自動車税(軽自動車税)」「保険料」などの支出が発生しますので、家計の見直しの際に一緒に検討する必要がある
  2. 軽自動車や電気自動車にグレードダウンすることで削減できる項目もある
  3. 車を頻繁に使わないのであれば、車を手放してレンタカーやカーリース、カーシェアなど、自分で車を所有せずに利用する方法も検討する

車は所有しているだけでも、「駐車場代」や「車検費用」、「自動車税(軽自動車税)」、「保険料」などの支出が必要になりますので、家計を見直すときに一緒に見直す必要があります。

車をランクダウンして軽自動車や電気自動車にすることで成立が軽減される項目もありますし、そもそも車を頻繁に使用しないという方であれば車を手放してレンタカーやカーリース、カーシェアなどの自分では所有しないで車を使用する方法もありますので検討してみるといいでしょう。

通信費を節約するために格安SIMに乗り換える

  1. 格安SIMへの乗り換えで、ほぼ確実に月額料金が安くなる
  2. 場合によっては、固定回線サービスと格安SIMを組み合わせることで、料金を節約することもできる

通信費はもっとも見直しやすい固定費としても知られており、au・SoftBank・docomoのいわゆる3大キャリアを使用している方であれば、格安SIMへ乗り換えることでほぼ確実に月額料金を抑えることができます。

格安SIMを利用することで3大キャリアの半額以下になることも珍しくありませんので、家族全員で乗り換えることで大きな節約につながることは間違いありません。

また、格安SIMとセットで固定回線がお得に利用できる場合もありますので、固定回線も合わせて見直してみるといいでしょう。

保険料を節約するために種類と補償内容を把握する

  1. 保険は定期的な見直しが重要
  2. 保険にはさまざまな種類があるので、契約する前に補償内容をしっかり把握することが大事
  3. 保険料や補償内容を比較してから保険会社を選ぶ
  4. 月々の負担を減らすために、掛け捨ての保険も検討する

生命保険や死亡保険、医療保険、がん保険など、さまざまな保険がありますが、これらの見直しも忘れてはいけません。

保険の内容をしっかりと把握していないと重複した内容の保険に入っていることもあります。

また、保険のタイプには「掛け捨てタイプ」と「積み立てタイプ」があり、毎月の支出を減らしたいのであれば「掛け捨てタイプ」の方が月額の保険料が少額で済みますので検討してみるといいでしょう。

使っていないサブスクリプションサービスは解約する

  1. サブスクリプションサービスは定額制で好きなだけ使えるが、毎月自動的に利用料が引き落とされるため、未使用のサブスクリプションは見直す必要がある
  2. 音楽配信やビデオ配信を利用している方も多いと思いますが、あまり利用しないのであれば、解約するのも一つの手
  3. 特に、ビデオ配信は定期的に視聴しないのであれば、その都度解約し、利用するときに加入するだけで、出費を大きく抑えることができる

サブスクリプションサービスは定額で好きなだけ利用できる一方で毎月自動で利用料金が引き落とされる仕組みですので、使用していないサブスクは見直す必要があります。

音楽系のサブスクや動画配信系のサブスクなどを利用している方は多いですが、あまり利用していないのであれば解約してしまうといいでしょう。

特に動画配信系のサブスクは定期的に見ないのであれば、その都度解約して利用するときに加入するだけでも大きく支出を減らすことができます。

光熱費は電力会社やガス会社の見直しで毎月の出費を抑える

  1. 光熱費については、契約プランの見直しが重要
  2. 電力会社やガス会社を変更することで、毎月の電気代やガス代を削減することができる
  3. 電力・ガスの自由化が始まり、事業者の選択肢が増えている
  4. 使用量に応じた最適な料金の事業者を選ぶ
  5. 光熱費の払い過ぎがないよう、使用量を把握する

光熱費は、日頃の使用量を減らす努力をするとともに契約プランを見直すことも大切です。

現在は電気・ガスの自由化が始まっていますので、電力会社やガス会社を変更するだけで月々の電気代とガス代の支出を減らすこともできます。

固定費を改善して家計を改善しましょう

  1. 固定費の削減は、家計の圧迫を緩和することにつながる
  2. 高い固定費を見直すことは、家計の改善につながる
  3. 家計を改善するためには、固定費の発生源をすべて考慮することが重要である

本記事では、固定費を改善して家計を見直す方法についてご紹介していきました。

固定費は家計を圧迫する原因になりやすいので、そうならないためにもまずは固定費を削減していきましょう。

まずは支出が高額な固定費から見直すことで家計を大きく改善してくれます。

ぜひ本記事を参考にして固定費を改善して家計を見直してみてください。

他の「家計の見直し」について解説した記事を見る。

ぼくてき
ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

生活カテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました