家計の見直し

人生をより豊かにする「ライフプラン」の作り方とは?

ぼくてき

ライフプランの作り方は?

ライフプランを作るのは難しい?

家計のお金は誰に相談すればいい?

ぼくてき

ライフプランについてこのようなお悩みはありませんか?

ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

本記事では、人生を豊かにするライフプランの作り方についてご紹介していきます。

ライフプランを作成することは、人生を充実させるためにとても有効な方法です。

また、目標を設定し、それを達成する方法を学びたい人に最適です。

家計のお金についての知識がない方でもライフプランを作る方法もご紹介していますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

人生の目標を立てる

  1. ライフプランを立てるには、まず「人生の目標」を設定することが重要
  2. 人生の目標設定というと難しく聞こえるかもしれないが、自分が幸せを感じられるように人生を設計することができる
  3. これまでの人生で経験した幸せなこと、辛いことはすべて自分の価値観として蓄積されているので、少し考えれば自分が何を幸せと感じるかがわかる
  4. 人間の欲望には上限がないので、いくらお金があっても満たされることはない
  5. 自分の価値観で決めた幸せと感じるものに優先順位をつけ、その優先順位の高いものを人生の目標にする

ライフプランを作るためには、まずは「人生の目標」を立てることが大切になります。

人生の目標を立てるということは難しく聞こえるかもしれませんが「自分が幸せ」だと感じることができるような人生設計にすればいいのです。

今までの人生の中で感じた楽しかったことや辛かったことなどは、すべて自分の価値観として蓄積されていますので、少し考えることで自分が幸せだと感じられることはわかるでしょう。

人間の欲求は上限がありませんので、お金をいくら持っていても満足することはできません。

ですので、自分の価値観から見極められる幸せなことに優先順位をつけて、優先度の高いことを人生の目標として設定しましょう。

今~将来の働き方を計画する

ライフプランに欠かせないのは、現在から将来にかけてどのような働き方をするかを決定する「キャリアデザイン」です。

キャリアデザインでは、下記のようなキャリアデザインを決定していきます。

  1. 現在会社員ならばこれからも会社員として働くのか?
  2. 自営業ならばこれからも同じ自営業で働いていくのか?
  3. 将来的に起業して個人で働いていくのか?
  4. 同じ会社に勤めずに転職するのか?
  5. 出産後も正社員として働くのか?

このようにキャリアデザインは選択肢が幅広く、自身の仕事への考え方次第でどんな選択肢でも取ることができます。

また、このキャリアデザイン次第では世帯収入が大きく変わりますので、今後のライフプランにも大きく影響してくるでしょう。

最初に決めた「人生の目標」にお金が必要なのであれば、それに合わせたキャリアデザインをすることも大切になります。

将来の家庭を想像する

昨今の日本では家族の多様化が進んでいますので、将来的にどのような家庭を持ちたいのかを想像する「ファミリーデザイン」についても整理しておきましょう。

ファミリーデザインでは下記のようなことを考えます。

  1. そもそも結婚はするのか?
  2. 何歳までに結婚するのか?
  3. 子どもを作るのか?
  4. 夫婦の働き方は共働きか?専業主婦か?

このように、結婚についてはさまざまな考え方がありますので、自分はどのような考え方なのかを理解しておくといいでしょう。

ライフプラン表を作成する

  1. ライフプラン表は、あなたの将来設計を時系列にまとめるものである
  2. 詳細な計画を書き出す必要はなく、人生の主な出来事をまとめる

ある程度将来のプランが定まってきたら、それぞれのプランを時系列にまとめた「ライフプラン表」を作成しましょう。

ライフプラン表は、時系列に沿って将来の予定や現段階での計画を大まかに書き出して表にしていきます。

ここでは細かいプランを書き出す必要はなく、転職・起業・結婚・自宅購入・車購入などの人生の大きな出来事をまとめましょう。

キャッシュフロー表を作成する

  1. キャッシュフローは、支出、収入、貯蓄残高の3つの基本要素で構成されている
  2. 支出は「生活費」「固定費」「その他の経費」、収入は「給料」、貯蓄残高は収入から支出を差し引いた残額で計算する
  3. 家計簿をつけていれば、キャッシュフロー表は簡単に作れる
  4. 家計簿を付けていない場合は、通帳やクレジットヒストリーから確認することが可能

人生の目標を達成するには、多かれ少なかれお金は必要になりますので、どのような推移で貯蓄が変動していくのかを表した「キャッシュフロー」を作成しましょう。

キャッシュフローは、支出・収入・貯蓄残高の3つから考えることが基本です。

支出は「生活費」「固定費」「その他の支出」、収入は「給料」、貯蓄残高は「収入から支出を差し引いて残った金額」で計算していきます。

家計簿を付けていればキャッシュフロー表を作ることは簡単ですが、もし家計簿を付けていないという方は通帳やクレジット履歴からも確認することは可能です。

FPに相談する

  1. お金の流れを計算したり、将来を想像したりする必要があるため、自分でライフプランを立てるのは難しい
  2. そんなときは、お金に関するプロである「ファイナンシャルプランナー(FP)」に相談するのがおすすめ
  3. ファイナンシャルプランナーは、税金や住宅ローン、保険、年金など、家計に関わるお金について詳しい知識を持っているので頼りになる
  4. 最近では、ファイナンシャルプランナーに無料で相談できるサービスも登場しており、「お金の健康診断」などがおすすめ

このように、ライフプランを作ることは簡単そうに見えてお金の流れの計算や自分の将来像を想像しなくてはいけませんので、自分で作るのは少し難しいこともあります。

そんな時は、お金に関してプロフェッショナルである「ファイナンシャルプランナー(FP)」に相談するのがオススメです。

ファイナンシャルプランナーは、人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導くために、税金や住宅ローン、保険、年金制度などの家計に関わるお金について詳しい知識を持っていますので頼りになります。

最近ではファイナンシャルプランナーに無料で相談できるサービスも登場しており、その中でも「お金の健康診断」はしつこい営業もないので非常にオススメです。

https://boku-teki.com/money-health-check-summary/

お金の健康診断公式ページより抜粋

無料で診断してみる

スマホで家計状況を診断するとお金のプロから無料でアドバイスをもらえるサービス

ライフプランを作るならFPに相談できるサービスを利用しましょう

  1. 充実した将来を見据えた計画が必要
  2. 計画を立てるには、家計の知識が必要
  3. ファイナンシャルプランナーには無料で相談できる

本記事では、ライフプランの作り方についてご紹介していきました。

ライフプランは将来を充実させるには欠かせないものですが、家計のお金についてある程度知識がないと作ることが難しくなってしまいますので、そんな時はファイナンシャルプランナーに無料で相談してみるといいでしょう。

ぜひ本記事を参考にしてライフプランを作ってみてください。

他の「家計の見直し」について解説した記事を見る。

ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

生活カテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました