自己紹介カテゴリ
ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む
商品レビュー

デスクヒーターとは?おすすめのメーカーを紹介!買う前に知っておきたいこと

ぼくてき

デスクヒーターってどんな時に使うんですか?

デスクヒーターを使うくらいなら、エアコンで部屋を暖めたほうが良いのでは?

どのメーカーのデスクヒーターがおすすめですか?

といった方に読んでいただきたい記事です。

この記事の結論
  1. デスクヒーターは寒い季節にデスクで仕事をする人におすすめです
  2. ほとんどのデスクヒーターは1万円以下で購入することができます
  3. デスクヒーターは消費電力が低く光熱費を節約することができます

デスクヒーターの購入を検討しているけど、どれが自分に合っているのか判断できない!」

もしそうなら、この記事はあなたにぴったりです。

この記事では、デスクヒーターの特徴や機能性などについて解説しています。

また、最適な選択肢を見つけるためのヒントやおすすめもお伝えします。

この記事を読めば、あなたにぴったりのデスクヒーターが見つかるかもしれません。

デスクヒーターとは?

デスクヒーターは、オフィスワーカーや在宅ワーカー、受験生など、寒い季節にデスクで仕事や勉強をする人に最適なアイテムです。

机の下に簡単に設置できるように設計されており、電気代の面でもコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

デスクヒーターを購入する場合のポイント

デスクヒーターを購入する際には、形状や価格、設置のしやすさなど、さまざまな点を考慮する必要があります。

ポイントは以下の通りです。

  1. サイズ
  2. 価格

デスクヒーターは、デスクやテーブルの下のスペースに収まりやすい構造で、快適な暖かさを提供してくれます。

また、必要に応じてデスクの天板にも取り付けられる便利なタイプもあります。

机の天板や側面に取り付けることで、無駄なスペースを有効活用しながら、足元の広さを確保することができます。

デスクヒーターのメリット

デスクヒーターを導入することで、足元から暖かくすることができます。

さらに、暖房による空気の乾燥も緩和されます。

実用的な道具でありながら、1万円以下で購入できるコストパフォーマンスの高さも魅力です。

ぼくてき
ぼくてき

消費電力も平均90Wと低く、光熱費も抑えることができます。

パネルヒーター(デスクヒーター)の消費電力について

デスクヒーターには、机の下に置く「パネルタイプ」と、机の背面に取り付ける「天板タイプ」の2種類があります。

パネルタイプは消費電力が大きいですが、膝下まで暖かく、天板タイプは足元や下半身を暖めてくれます。

デスクヒーターの注意点

デスクヒーターが設置するデスクに合ったサイズであることを確認してください。

金属製の場合はマグネット、木製の場合は粘着テープや木ねじが適しています。

また、こたつのように保温性を高めるフリースなどの保温カバーが付属している商品もあります。

おすすめのデスクヒーター8選

この章ではおすすめのデスクヒーターを紹介していきます。

いずれの商品も通販サイトのランキング上位商品となっています。

気になった商品があれば是非チェックしてみてください。

  1. サンワサプライ「デスクパネルヒーター PH-DESK1W2」
  2. クレオ工業「テーブルヒーター KH1800」
  3. テクノス(TEKNOS)「テーブルヒーター DH-450」
  4. トップランド(TOPLAND)「コンパクトパネルヒーター SP-PH250」
  5. アイリスオーヤマ「デスクヒーター DEH-45-T」
  6. 山善「パーソナルパネルヒーター YPP-181HK」
  7. アイリスオーヤマ「デスクパネルヒーター PH-TSA」
  8. パナソニック「デスクヒーター DC-PKD4」

サンワサプライ「デスクパネルヒーター PH-DESK1W2」

最大消費電力90Wのデスクヒーターで、机の上に設置するタイプです。

本体底面にマグネットを貼り付けており、付属の金具で引き出しや食器棚、木製テーブルの天板などに取り付けることができます。

寸法は38cm x 33cm x 3.5cmです。

クレオ工業「テーブルヒーター KH1800」

付属のマグネットでスチールデスクに設置するタイプのデスクヒーターです。

また、付属の金具を使用すれば、木製のテーブルなどにも貼り付けることができます。

最大消費電力は90Wで、サイズは36(W)×46(D)×3(H)cmです。

テクノス(TEKNOS)「テーブルヒーター DH-450」

千住(東京都千代田区)傘下の家電ブランドTEKNOS(テクノス)から、デスクやテーブルにマグネットや金具で簡単に取り付けられるデスクヒーターが発売されました。

暖かさを最大限に引き出すために柔らかいフリース素材を使用した2WAYタイプで、付属のスタンドと組み合わせればパネルヒーターとしても使用できます。

人感センサーを内蔵し、自動でON/OFFすることで省エネ効果を高めています。本製品は最大消費電力130Wに達することができます。

トップランド(TOPLAND)「コンパクトパネルヒーター SP-PH250」

スチール面やフロアスタンドにマグネットで取り付けられる2ウェイタイプで、持ち運びに便利なハンドル付きです。

寸法は400(W)×330(H)×36(D)mmで、消費電力は最大200Wです。

アイリスオーヤマ「デスクヒーター DEH-45-T」

最大消費電力90Wの卓上ヒーターで、特製のフリースカバーでこたつの暖かさを再現しています。

スチール製の家具に取り付けられるマグネットと、木製の机に取り付けられる両面テープ付きの金具が付属しています。

寸法は幅46cm、奥行き35cm、高さ3cmです。

山善「パーソナルパネルヒーター YPP-181HK」

机の下に置くタイプの折りたたみ式パネルデスクヒーターで、サイズは約50(幅)×30(奥行)×50(高さ)cmです。

さらに保温性を高めるために、フリースブランケット(80×130cm)が付属しています。

希望する温度に応じて、最大130Wまで連続的に温度調節が可能です。

アイリスオーヤマ「デスクパネルヒーター PH-TSA」

机の下に置くことを想定した、パネルの構成を持つデスクヒーターです。

使用時の本体サイズは幅45×奥行き30×高さ48cmで、折りたたんで簡単に収納することができます。

最大消費電力は160Wで、温度は高温から低温まで無段階に調整できます。

また、タイマーにより6時間後に自動停止が可能で、省エネに配慮しています。

パナソニック「デスクヒーター DC-PKD4」

パナソニックのデスクヒーター DC-PKD4は、高(55℃)と低(37℃)の2つの温度設定で、足を快適に保温します。

夏場の冷房による足の冷え対策にも最適です。

寸法は48(W)×30(D)×48(H)cmで、ピーク消費電力は165W、「強」「弱」の切り替えが可能です。

デスクヒーターで寒い季節を乗り切る

デスクヒーターを導入すると、ワークスペースに大きな違いが生まれます。

寒冷地では、気温が下がる冬に特に役立ちます。

デスクヒーターは、毎月のオフィスの暖房費よりはるかに安いので、費用対効果も高いです。

最近のモデルはエネルギー効率が高いので、環境にもやさしいです。

さらに、コンパクトでありながら、オフィスを暖かく保つのに十分な熱量を提供します。

デスクヒーターは、快適で生産的な環境を作り出すことができるので、気になっている方は、気になった商品をチェックしてみてはいかがでしょうか?

ぼくてき
ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

他の「おすすめの商品」をレビューした記事も読んでみる。

ぼくてき.comのイチオシ記事

無料で今すぐ家計をコントロールする方法

経済的安定への第一歩を踏み出そう
お金の健康診断口コミまとめ!果たして怪しいサービスなのか?プロに悩みを相談してみよう!
お金の健康診断口コミまとめ!果たして怪しいサービスなのか?プロに悩みを相談してみよう!
システムエンジニアのノウハウを紹介

仕事カテゴリの最新記事

最新の記事はこちらからどうぞ

新着記事

知りたい情報がすぐにわかる

まとめ記事

ホームページに戻る

この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました