パソコン小技集

【Word】簡単6ステップで表紙を作成する方法

エクセルで表紙を簡単に作りたい!

書類とか表紙が必要になるもんね。

簡単な方法ってなにかないかな?

ぼくてき

といった方に読んでほしい記事です。

簡単にWordで表紙を作りたい人におすすめです。

私が紹介する方法なら、簡単に表紙を作ることが出来ます。

単純な設定なのでレイアウトが崩れる心配も少ないです。

手順①ワードを起動

ワードを起動します。

カーソルが左端にある状態で、点滅している状態です。

手順②中央揃えを選択

赤枠の「中央揃え(Ctrl+E)」をクリックして選択します。カーソルが中央に移動します。

手順③フォント(文字)サイズを変更

赤枠の「∨」をクリックしてサイズを変更します。

今回は「24」を選択しますので、24をクリックしてください。ここは任意で変更してもらって構いません。

フォント(文字)サイズが24になりました。

手順④Enter(改行)を3押す

Enterを3回押してください。カーソルが下に下がります。

手順⑤タイトルを入力する

タイトルを入力しましょう。いい感じになるかと思います。

手順⑥ページに区切りを入れる

次のページのためにページを区切っておきましょう。タイトルの末尾にカーソルを合わせておきます。

上のタブから「レイアウト」をクリックして選択します。

区切りの「∨」をクリックします。

セッション区切りの「次ページから開始(N)」をクリックして選択します。細かい説明は省きますが、これをしておくことでページ番号を振るときに楽になります。

新しいページへカーソルが移動します。タイトルの次のページから本文は書いてください。

ワードの表紙を作るのは簡単です

印刷プレビューはこんな感じです。

表紙は書類を作るうえで必要になります。簡単に表紙を作成して、作業効率を上げていきましょう。

ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

仕事カテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

ABOUT ME
ぼくてき
ぼくてきと申します。 大手企業に勤める、育児と家事が大好きなシステムエンジニアです。 SEをしながら「ぼくてき.com」を運営しています。 仕事で得たノウハウと、身の回りで見つけた生活の知恵を発信しています。
関連記事