育児

1歳児に使うおしりふきを節約する方法

ぼくてき

1歳児に使うおしりふきを節約する方法はあるの?

おしりふきを安く購入する方法は?

おしりふきに代用できるものはないの?

ぼくてき

1歳児に使うおしりふきについてこのようなお悩みはありませんか?

ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

おしりふきは毎日使うものですが、意外と大きな出費になってしまっていることも多いので、日頃から節約を意識することが大切です。

しかし、実際にどのようにして節約をすればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では1歳児のおしりふきを節約する方法についてご紹介していきました。

おしりふきの節約法に難しいものは一才なく、どれも明日から実践できるものですので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

1歳児のおしりふき代の節約法

1歳児のおしりふき代を節約するおすすめの方法は下記の4つです。

  1. おしっこの時は半分に切ったおしりふきを使う
  2. 安い時にまとめ買いする
  3. 1枚をきちんと広げて有効活用する
  4. 代わりにコットンや古布を使う

1枚1枚の値段はそれほど高額ではありませんが、1日に何枚も使用するおしりふきを節約して使用することで家計を大きく助けることに繋がります。

それでは、それぞれの節約法について詳しくみていきましょう。

おしっこの時は半分に切ったおしりふきを使う

  1. おしりふきはおしっことうんちの両方に対応している
  2. おしっこの時は使用前におしりふきを半分にカットすることで、コストを削減することができる
  3. 半分にカットしても、細かい部分はきれいに拭き取れる

おしっこのときにおしりふきを使う場合は、半分に切ってから使うことで大きな節約になります。

というのも、おしりふきはうんちとおしっこの両方に対応できる商品がほとんどですので、おしっこのときん丸々1枚おしりふきを使ってしまうと使っていない場所があるくらい大きなものが多いからです。

おしりふきを半分に切って使ってもおしっこの場合はキレイに拭き取ることができますし、場合によっては3等分しても問題ない場合もありますので、赤ちゃんのおしりの大きさとおしりふきのサイズから、どのサイズまで切って使うことができるのかを試してみてください。

安い時にまとめ買いする

  1. おしりふきは消耗品であり、ストックが少なくなったときや、使い切ったときに購入することが多い
  2. しかし、その都度購入するのは費用対効果が低い
  3. 数ヶ月分まとめて、安い時に購入するのがお得
  4. 西松屋やアカチャンホンポの通常販売や、Amazonや楽天市場のタイムセールで購入するのがおすすめ

おしりふきを安く購入するには、西松屋やアカチャンホンポなどで定期的に行われるセールのときや、Amazonや楽天市場などで行われるタイムセールなどのときにまとめて購入する方法がおすすめです。

おしりふきは消耗品ですので、おしりふきのストックが少なくなってきたときやおしりふきが無くなってしまったときに買いに行くという方も多いですが、その都度購入することはとてもコスパが悪くなってしまいます。

おしりふきは長期的に使用するものですので、その都度購入するのではなく、数ヶ月間分のおしりふきを安いときにまとめて購入することが大きな節約につながるのです。

1枚をきちんと広げて有効活用する

  1. おしりふきの節約と有効活用のために、使用前にきちんと広げる
  2. おしりふきの中央部分だけを使って拭くとムダが多い
  3. 使用する際は、しっかりと広げて、表面を広げるように拭くようにする

おしりふきは1枚をきちんと広げて使用することで有効活用ができて余分なおしりふきを使うことがなくなるので節約につながります。

おしりふきに慣れてきたり忙しいときに行うと、ついついおしりふきをシワシワのまま使用したり、中心部分だけで拭いてしまうこともありますが非常にもったいないです。

ですので、おしりふきを使うときはしっかりと広げて使い、面を広げて拭くようにしましょう。

代わりにコットンや古布を使う

  1. おしりふきを使うとお尻がかぶれてしまうという方は、おしりふきの代わりにコットンでお尻を拭くと解決する
  2. コットンは植物の種毛から作られた天然繊維なので、肌にとてもやさしく、赤ちゃんにも使うことができる
  3. コットンはタオルや衣類にも使われているので、使用済みのコットン製品を選んでクリーニングすれば、おしりふきとして再利用でき、節約にもなる
  4. 注意点としては、綿100%の製品を使用すること
  5. コットン製品の中には、コットン以外の化学繊維が含まれているものもあるので、おしりふきとして使う前に、タグに記載されている成分表を確認すること

おしりふきを使用すると子どものおしりがかぶれてしまうというお悩みを持ってる方は、おしりふきの代わりにコットンでおしりを拭くようにすると解決します。

そもそもコットンは植物の種子毛から作られる天然繊維ですので、お肌にとても優しく赤ちゃんにも使用することができることから、医療現場でも新生児のおしりふきとしてコットンが使用されることもあるのです。

わざわざコットンを購入するとなるとお金がかかってしまいますが、コットンはタオルや衣類などにも多く使用されている素材ですので、使い古したコットン製品をキレイに選択することでおしりふきとして再利用できるので節約にもつながります。

注意点としては、コットン100%のものを使うことです。

コットン製品の中には、「コットン80%・ポリエステル20%」のようにコットン以外の化学繊維が使用されている場合もありますので、タグなどに記載されている成分表などを確認して、万が一分からない場合はおしりふきとしては使わないようにしましょう。

おしりふきの節約をしてコツコツ家計を改善しましょう

  1. おしりふきは高価なので、節約することで家計を大きく改善される
  2. おしりふきのお金を節約する簡単な方法がいくつかあり、そのうちのいくつかは明日からでも実践できる
  3. この記事のヒントを実践することで、1歳児のおしりふきのお金を節約し、家計を着実に改善することができる

本記事では、1歳児のおしりふきを節約する方法についてご紹介していきました。

おしりふきは毎日使うものですし1枚あたりの金額も大きくないので、節約の対象から外れてしまうことも多いですが、実は意外とおしりふきにはお金がかかりますので節約をすることで大たいは家計を助けることにつながるのです。

また、おしりふきの節約法はどれも簡単なものですので、明日から実践できるものもありましたよね。

ぜひ本記事を参考にして1歳児のおしりふきを節約してコツコツ家計を改善していきましょう。

他の「育児と節約」について解説した記事を見る。

ぼくてき
ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

育児・子育てカテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました