家計の見直し

家計の見直しポイントとは?収入を増やすことよりも支出を減らすことが重要です

ぼくてき

家計を見直すときのポイントは?

家計は何を見直せばいいの?

お金に詳しくなくても家計を見直すことはできる?

ぼくてき

家計の見直しについてこのようなお悩みはありませんか?

ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

家計を見直すことは簡単ではありませんが、見直しポイントを抑えておくことで重要になる部分や改善するべきことが見えてきますので、正しく家計を見直すことができるようになります。

また、お金について詳しくないという方はお金のプロに相談することでも解決できるのです。

本記事では、家計の見直しポイントについてご紹介していきます。

支出を減らすことがポイント

  1. 家計を見直す際に最も重要なポイントは、収入を増やすことよりも支出を減らすことが重要
  2. 家計を見直し、貯蓄を増やしたいのであれば、収入を増やすのではなく、支出を減らすことを意識する必要がある
  3. 固定費や衣食住の支出は減らしやすいので、家計を見直すなら支出を減らすことが大切

家計を見直すポイントとしてもっとも意識するべきことは、収入を増やすことよりも支出を減らすということになります。

というのも、会社員として働いているのであれば自分の頑張りだけでは収入をあげることは難しいですし、共働きにしてパートを始めたとしても大きく収入を増やすことは難しいからです。

しかし、固定費を削減したり衣食住費を減らすことは簡単ですので、家計を見直すのであれば支出を減らすことが大切になります。

つまり、家計を見直して貯蓄金額を増やすのであれば、収入を増やすのではなく支出を減らすことを意識する必要があるのです。

まずは固定費を見直す

  1. 固定費には、住宅や自動車のように高額なものと、購読料や光熱費のように比較的安価なものがある
  2. 固定費は、月々の支出だけでなく、年間の支出として考えることが重要
  3. 毎月の固定費の節約は、たとえ少額でも、時間が経てばかなりの額になる

家計を見直すとき、まずはじめに見直すべきポイントは長期的にみて大きく節約することのできる固定費を削減することです。

固定費の種類はさまざまで、支出が高額になる「住宅費」や「車関係」などの固定費もあれば、比較的安価な固定費である「サブスクリプションサービス」や「水道光熱費」などの固定費もあります。

ただ、これらの固定費は毎月かかってしまうので、月単位の支出として考えるのではなく、年間の支出としてみることが大切です。

例えば、サブスクや光熱費で毎月3,000円の節約に成功したとしたら、年間では36,000円、10年間で考えると360,000円も節約できるということになります。

このように、毎月の節約金額は少なくても長期的に考えると大きな節約になりますので、家計を見直すときには固定費を改善することは重要なのです。

変動費の支出を抑える

  1. 変動費とは、食費、交際費、旅行費など、日常生活に必要なお金で、固定費以外の支出のこと
  2. 変動費は毎月使う金額が決まっているわけではないので、支出をコントロールしないと、際限なく使ってしまう可能性があるので注意すること
  3. 変動費には冠婚葬祭費も含まれるので、友人が急に結婚する場合などは、多くの出費が予想される
  4. 急な事態に対応できるよう、日々の出費をコントロールすることが大切

家計を見直すときは、変動費についてもしっかりと見直すことが大切です。

変動費とは、生活に必要となる食費をはじめとし、交際費や娯楽費、旅行費など、固定費以外の生活に関わるお金のことを指します。

変動費は毎月決まったお金を使うものではありませんので、支出をコントロールしないと制限なしに支出をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、変動費の中には冠婚葬祭の費用も含まれますので、友人が結婚ラッシュに入ったときなどは多くの出費が見込まれますので、そのようなときにも対応できるように日頃からの支出を抑えておくことが大切になります。

家計簿を付ける

  1. 家計簿をつけると、出費を把握し、管理するのに役立つと感じる人は多い
  2. 家計簿をつけることで、無駄遣いの原因を突き止め、改善しやすくなる
  3. 家計簿をつけることを面倒に思う人も多い
  4. スマートフォンの家計簿アプリを利用するのがおすすめ

家計の支出を把握したりコントロールするために家計簿を付けることが非常に役立ちます。

家計簿を付けることで、いつ・どこで・何のために支出したのかを一目で把握することができ、無駄遣いした原因を把握して改善しやすいからです。

とはいえ、家計簿を付けることをめんどくさいと感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、スマホの家計簿アプリを活用してみましょう。

スマホの家計簿アプリはデザインや機能などもさまざまですし、レシートの写真を取るだけで文字を自動で読み取ってくれて勝手に家計簿をつけてくれるという機能もありますので、家計簿を付けることが面倒ではなくなります

ぼくてき

代表的な家計簿アプリに「マネーフォワードME」があります。

https://boku-teki.com/moneyforward-the-reason

また、銀行口座やクレジットカードを登録しておくことでスマホの家計簿アプリと連携してくれて口座の引き落としやクレジット払いでの買い物の記録も残すことができるのでとても便利です。

スポンサーリンク

ファイナンシャルプランナーに相談する

  1. ファイナンシャルプランナーによる無料相談サービス「お金の健康診断」がおすすめ
  2. このサービスを利用することで、家計を見直し、十分な情報を得た上で家計に関する意思決定を行うことができる
  3. ファイナンシャル・プランナーは、お金に関する幅広い知識を持つお金のプロフェッショナル
  4. 「お金の健康診断」サービスは、家計を有効に活用するための手伝いをしてくれる

家計を見直すときには固定費や変動費を見直すことになりますが、収入や貯蓄額に対しての基準になる金額が分からないと正しく見直すことができませんので、フィナンシャルシャルプランナー(FP)に相談してみることがオススメです。

ファイナンシャルプランナーは、税金・不動産・住宅ローン・教育資金・年金制度など、幅広いお金についての知識を豊富に持っているお金のプロですので、家計のことであれば何でも相談に乗ってくれます

「お金の健康診断」というサービスを利用することで、無料でファイナンシャルプランナーに相談することができますので、家計の見直しを検討している方はぜひ一度利用してみるといいでしょう。

https://boku-teki.com/money-health-check-summary/

お金の健康診断で無料で診断してみる

スマホで家計状況を診断するとお金のプロから無料でアドバイスをもらえるサービス

ポイントを抑えて家計を改善しましょう

  1. 家計をより正しい方向に見直すために、ファイナンシャルプランナーに相談するのがおすすめ
  2. ファイナンシャルプランナーとは、お金のプロとして、あなたの家計の状況を理解し、家計を改善する方法について、より良い判断をするための手助けをしてくれる人

本記事では、家計の見直しポイントについてご紹介していきました。

お伝えした通り、ポイントを抑えることで家計を正しく見直すことはできますが、より正しい方向に家計を見直すためにはお金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談することがオススメです。

ぜひ本記事を参考にして正しく家計の見直しポイントを抑えてみてください。

他の「家計の見直し」について解説した記事を見る。

ぼくてき
ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

生活カテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました