自己紹介カテゴリ
ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む
パソコン小技集

ショートカットを2秒で簡単に作成する方法|7つの操作でできます

ショートカットを2秒で簡単に作成する方法|7つの操作でできます
ぼくてき

ショートカットを素早く作成したいです!

よくショートカットを作成するんですが、何かショートカットキーはありますか?

といった方に読んでいただきたい記事です。

ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

今回は僕がよく使う「簡単にショートカットが作れる方法」について紹介します。

慣れれば一瞬でショートカットが作成できるようになるので、業務効率が上がること間違いなしです。

ショートカットを簡単に作成するための7つの操作

  1. アドレスをコピーする
  2. ショートカットを作成したい場所で右クリック
  3. Xを押す
  4. Sを押す
  5. Ctrl+Vでアドレス貼付
  6. Enter
  7. Enter

画像を使って解説して行きます。

ショートカットを簡単に作成する手順①アドレスをコピー

フォルダの上にあるアドレスをコピーしましょう。

選択した状態でCtrl+Cでコピーできます。

ショートカットを簡単に作成する手順②作成したい場所で右クリック

新しいフォルダの下らへんで右クリックを押すとオプションメニューが出てきます。

キーボードのアプリケーションキーを押してもオプションメニューが出てきます。

ショートカットを簡単に作成する手順③Xを押す

キーボードのXを押します。

オプションメニューの新規作成が選択されます。

ショートカットを簡単に作成する手順④Sを押す

キーボードのSを押します。

新規作成の中のショートカットが選択され、ショートカットの作成ポップアップが表示されます。

ショートカットを簡単に作成する手順⑤Ctrl+Vでアドレス貼付

Ctrl+Vで作成したいショートカットのアドレスを貼り付けます。

最初から入力箇所に選択された状態で始まるので、そのままCtrl+VでOKです。

ショートカットを簡単に作成する手順⑥Enterを押す

Enterを押してアドレスを確定します。

ショートカットを簡単に作成する手順⑦Enterを押す

Enterを押して名前を確定させます。

名称を変更したい場合は入力してからEnterを押してください。

ショートカットができました!

この手順でショートカットができます。

ショートカットを簡単に作成して効率をあげましょう

今回説明した方法は慣れれば2秒程度でショートカットを作成することができます(名前を変更しない場合)。

ショートカットはパソコンを使う人にとって必須と言えものです。

少しでも早くショートカット作成して、業務効率を上げていきましょう。

ぼくてき
ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

ぼくてき.comのイチオシ記事

無料で今すぐ家計をコントロールする方法

経済的安定への第一歩を踏み出そう
お金の健康診断口コミまとめ!果たして怪しいサービスなのか?プロに悩みを相談してみよう!
お金の健康診断口コミまとめ!果たして怪しいサービスなのか?プロに悩みを相談してみよう!
システムエンジニアのノウハウを紹介

仕事カテゴリの最新記事

最新の記事はこちらからどうぞ

新着記事

知りたい情報がすぐにわかる

まとめ記事

ホームページに戻る

https://boku-teki.com/computer-tricks/
この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました