家計の見直し

家計見直しのシミュレーションをするなら?

ぼくてき

家計を見直すためのシミュレーションの方法は?

家計を見直すシミュレーションに必要な項目は?

お金の知識がないけど、家計の見直しはできるの?

ぼくてき

家計の見直しについてこのようなお悩みはありませんか?

ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

家計を見直すときは、現状の収入と支出を比べて見直す方も多いですが、実はそれでは不十分で将来的にかかる支出や子供の成長に応じてかかる教育費なども考慮する必要があるのです。

そこで、本記事では家計を見直すためのシミュレーションに必要な項目についてご紹介していきます。

最後にはお金の知識がなくても無料でプロに相談できるサービスもご紹介していますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

大まかなシミュレーションの内容

家計を見直すためには、下記の4つの項目をもとにシミュレーションをする必要があります。

  1. 収入
  2. 生活費
  3. 子供の教育費
  4. 高額な支出予定

それぞれの支出について詳しくご紹介していきます。

収入

  1. 家計を見直すためには、収入がどれくらいあるのかを管理することが重要
  2. 共働きの場合は、夫婦の総収入を把握する。どちらか一方だけが働いている場合は、どちらかの収入を把握する
  3. 月収や年収だけでなく、貯蓄額や勤続年数による給与の変化なども把握しておくと、より正確なシミュレーションができ、家計の見直しもしやすくなる

家計を見直すためには、まずはどれくらいの収入があるのかを明確に抑えておくことが大切です。

共働きの場合は夫婦の合計の収入、どちらかだけが働いているのであれば片方の収入を把握しましょう。

また、月収や年収以外にも貯蓄金額や勤続年数に応じた給料の変化なども把握しておくと、より正確なシミュレーションをおこなうことができて家計を見直しやすいです。

生活費

  1. 毎月の生活費を決める。食費、衣服費、住居費、光熱費、電話代、固定回線費などが含まれる
  2. 自分だけでなく、必ず世帯全体の生活費の合計を把握する
  3. 生活費に大きく関わってくるので、一人暮らしなのか、家族で暮らしているのかも考慮する

続いては月々にどれくらいの生活費がかかっているのかを把握しましょう。

生活費には、衣食住費はもちろん、光熱費やスマホ代、固定回線費。居住費など、生活に関わるさまざまな費用が含まれます。

また、生活費はひとり暮らしなのか、家族で暮らしているのかなども大きく関わってきますので、自分ひとりだけの生活費ではなく家計全体の合計の生活費を把握するようにしましょう。

子供の教育費

  1. 子供の教育は家計の大きな支出である
  2. 教育費は学校の種類によって大きく異なる
  3. 子供の教育計画について、家族で話し合って最適な進路を決める必要がある
  4. 子供の教育費は、家庭にとって大きな経済的負担となる可能性がある

子供の教育費は家計の大きな支出になりますので、現状の教育費に加えて子供の成長に応じてかかってくる教育費までを把握しておくことが大切です。

小学校から高校まで公立の学校に通った場合、1年間にかかる教育費は30万円〜50万円ほどですが、私立に通った場合は100万円〜150万円ほどの教育費がかかります。

また、大学になると教育費は大学4年間でかかる学費は、国公立で約243万円、私立文系で約400万円、私立理系で約570万円と大幅に増加するのです。

このように、子供の教育費は進学する進路によっても大きく異なりますので、現状の月収や貯蓄金額、さらには子供のやりたいことなどを相談しながら進路を決定していく必要があります。

高額な支出予定

  1. 家計には定期的に高額な出費があり、そのスケジュールを大まかにでも把握しておくことが重要である
  2. 家計の高額出費は様々ですが、一般的な高額出費としては “家の購入” “車の購入” “介護費用” などが挙げられる
  3. どれも必要な出費であることが多いですが、家計の状況を見て適切なタイミングで出費しないと、生活に無理が生じる可能性があるので、タイミングを間違えないようにする

家計では定期的に大きな支出がありますが、それらの予定を大まかにでも把握しておくことが大切です。

家計の高額な出費はさまざまですが、よくある高額な支出は「住居の購入」や「車の購入」、「介護費」などが高額な支出になります。

どれも必要となることが多い支出ですが、家計の状況をみて適切なタイミングで支出しないと生活が圧迫されてしまう可能性もありますので、タイミングを間違ってはいけません。

将来の事を相談するならお金の健康診断がおすすめ

  1. 「お金の健康診断」は、ファイナンシャルプランナーに家計の相談をすることができる無料サービス
  2. 家計を見直し、適切な判断をしたい方におすすめ
  3. 年収や年齢などの基本情報を入力するほか、チャット機能を使ってファイナンシャルプランナーに相談することもできる
  4. 「お金の健康診断」は、家計を見直し、適切な判断をしたいユーザーにとって役立つサービス

ここまで家計を見直すためのシミュレーションに必要な項目についてみていきましたが、家計の見直しには税金・不動産・住宅ローン・教育資金・年金制度など、幅広いお金についての知識が必要となるため、なかなか個人やご家庭単位では適切な判断ができないことも多くなってしまいます。

そこでオススメなのが、無料で家計のお金のプロである「ファイナンシャルプランナー(FP)」に相談することができる「お金の健康診断」というサービスを利用することです。

「お金の健康診断」とは、年収や年齢などの基本的な情報を入力するだけで家計状況を診断してくれたり、チャット機能を利用してファイナンシャルプランナーに無料で家計の見直しについて相談することもできます。

家計のお金についてはなかなか解決できないことも多いので、気になることがある方は一度「お金の健康診断」で相談してみてはいかがでしょうか。

お金の健康診断公式ページより抜粋

無料で診断してみる

スマホで家計状況を診断するとお金のプロから無料でアドバイスをもらえるサービス
https://boku-teki.com/money-health-check-summary/

家計を見直すためにまずは無料でFPに相談しましょう

  1. 「お金の健康診断」は、ファイナンシャルプランナーに無料で相談できるサービス
  2. このサービスを利用することで、家計の見直しや将来の出費の計画を立てることができる
  3. 「お金の健康診断」は、お金のプロであるファイナンシャルプランナーがサービスを提供している

本記事では、家計を見直すためのシミュレーションに必要な項目についてご紹介していきました。

家計を見直すには、現状の家計状況だけではなく将来的にかかる費用なども考慮して見直していかなければいけませんので、税金関係や年金関係などの専門的なお金については分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで活躍するのが、お金のプロであるファイナンシャルプランナーに無料で相談することができる「お金の健康診断」です。

ファイナンシャルプランナーに相談するときは有料の場合もありますが、「お金の健康診断」では相談だけなら完全無料でおこなうことができますので、気軽に相談することができます。

ぜひ本記事を参考にしてプロの力を借りて正しく家計を見直してみてください。

他の「家計の見直し」について解説した記事を見る。

ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

生活カテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました