生活

電動キックボードはいつから合法になる?いつから法改正されるのか?

ぼくてき

電動キックボードはいつになったら合法化するんですか?

電動キックボードが免許証不要で運転できるようになるって本当ですか?

ぼくてき
ぼくてき

といった方に読んでいただきたい記事です。

ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

「電動キックボードはいつから合法になりますか?」

この疑問は、ここ最近多くの人が抱いている疑問です。

この記事での合法の意味は、「運転免許証やヘルメットが不要となる」ことを指します。

今回は、電動キックボードの合法化についてご紹介します。

この交通手段の利点と将来について学ぶことができます。

それでは、続きをご覧ください。

電動キックボードは2022年11月現在は車両に当たる

2022年11月現在、電動キックボードは車両とみなされています。

ぼくてき

つまり、道路を走る他の車両と同じ規則や規制が適用されるのです。

キックボードを公道で使用するには、ナンバープレートの登録と免許が必要です。

また、ライダーはすべての交通法規を遵守し、歩行者に道を譲らなければなりません。

車両を運転するときに守らなければいけないルールは以下の通りです。

  1. 運転免許が必要、車道通行、ヘルメットの着用義務等がある
  2. 制動装置、前照灯、後写鏡等を備えている
  3. 自賠責保険(共済)の契約をしている
  4. 標識(ナンバープレート)を取り付けている

電動キックボードは、楽しくて便利な乗り物ですが、車両であることに変わりはなく、そのように扱われなければならないことを覚えておくことが重要です。

道路交通法が改正されれば「特定小型原動機付自転車(特定小型原付)」扱いとなる

合法化されれば電動キックボードは「特定小型原動機付自転車(特定小型原付)」という位置付けになります。

ざっくり説明すると以下の通りです。

「電動モーターの出力が0.6kW以下であり、全長190cm、全幅60cm以下、最高速度20km/h 以下」であれば「特定小型原動機付自転車(特定小型原付)」となり、免許証やヘルメットが無くても電動キックボードに乗ることができます。

特定小型原付というのは新設の車両区分です。

法改正後、電動キックボードの最高速度は時速20キロメートルとなります。

また、運転免許は不要となり、年齢制限は16歳以上になります。

ぼくてき

電動キックボードに関する道交法が改正されれば、一気に電動キックボードが普及していきそうですね。

ヘルメット着用は努力義務とされていますが、安全面で考えたら着用するのが無難です。

法改正のスケジュールはまだ明確化されていませんが、2022年4月19日に道路交通法の改正案(電動キックボードに関する改正案を含む)が可決されているので、そう遠くない未来に法改正されると予想しています。

改正されるまでルールとマナーを守って電動キックボードを使いましょう

現在、ほとんどの管轄区域では、電動キックボードは自動車とみなされ、同じ規則や規制の対象になっています。

しかし、電動キックボードのユニークな性質とその潜在的な利点が認識されつつあり、多くの管轄区域で公道での使用を認めるための法改正が検討されています。

これらの変化は前向きなものであり、個人と社会の双方に多くの利益をもたらす可能性を秘めています。

電動キックボードは、ガスエンジン車よりも環境に優しく、交通渋滞の緩和や大気質の改善に貢献することができます。

電動キックボードの普及は、最終的に個人と社会の両方に利益をもたらすでしょう。

また、最近「電動キックボードのライダーがルールやマナーを守らない」と、メディアでよく取り上げられています。

電動キックボードの評判を落とさないためにも、ルールとマナーを守って電動キックボードを使っていきましょう!

ぼくてき
ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

他の「電動キックボード」に関する記事を読む。

生活カテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました