育児

節約パパが選ぶ絶対やったほうが良いこと

ぼくてき

パパが節約するにはどんなことをすればいいの?

車は持っているだけで無駄な出費になる?

普段の生活で節約できることはある?

ぼくてき

パパの節約についてこのようなお悩みはありませんか?

ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

実は、パパが普段から生活する中でも、さまざまなところで節約をすることができます。

本記事でご紹介する「パパの節約方法」は結論にも記載した7つとなります。

それぞれの節約方法について詳しくみていきましょう。

タバコを辞める

  1. タバコは、自分や周りの人の健康を害するもの
  2. たばこの値段は年々上がっている
  3. 自力で禁煙できない場合は、禁煙外来を検討する

節約を考えるパパの中でタバコを吸っている方がいるのであれば、まずはタバコを辞めましょう。

タバコは年々値上げされていますし健康にもよくありませんので、まさに百害あって一利なしです。

副流煙によって子どもや家族の健康にも悪影響ですので、自分で辞められないという方は禁煙外来を検討してみるといいでしょう。

車は必要最低限の物を選ぶ

  1. 車を選ぶときは、中古車でも新車でも、何のためにその車が必要かを整理して、必要最小限のものを選ぶようにする
  2. そもそもクルマを持たないという選択肢を持つことも、大きな節約につながる

車を選ぶときは「何のために車が必要なのか」をしっかりと整理をして、中古車にするのか新車にするのか、必要最低限の物を選ぶようにしましょう。

また、そもそも車を所有しないという選択肢も持っておくと大きな節約につながります。

それでは、車にまつわる出費と節約方法について詳しくみていきましょう。

燃費の良い車を選ぶ

  1. 現在の気候条件によりガソリン代が高騰しているため、できるだけ燃費の良い車を選ぶことが重要
  2. 国が定めた基準を満たした車であれば、「エコカー減税」制度により自動車重量税の減免を受けることができ、お得
  3. 燃費の良い車を選べば、ガソリン代が節約できるうえ、環境負荷の低減にもつながる

昨今の情勢からガソリン代が高騰していますので、できるだけ燃費のいい車を選ぶことが大切になります。

国が定めた基準をクリアしている車であれば「エコカー減税」によって自動車重量税を軽減してもらえて節税にもなるのでお得です。

可能であれば電車通勤に切り替える

  1. 車ではなく、電車で通勤することで経費を節約できる
  2. 通勤費は経費として差し引くことができる
  3. 時間の経過とともに大きな節約につながる

車を所有していても、頻繁に乗ってしまうとガソリン代などがかかってしまいますので、できる限り車に乗らないという選択肢を持っておくといいでしょう。

中でも大きな節約につながるのは、日々の出勤を電車通勤に変えることです。

電車通勤にすることで通勤費が経費として落とせますので節約につながります。

マイカーを手放してレンタカーを使う

  1. 自動車を所有すると、「駐車場代」「車検代」「自動車税(軽自動車税)」など、さまざまな費用が発生する
  2. マイカーを手放すことで、大きな節約効果が期待できる
  3. 「車を持つ時代は終わった」と言われる昨今、レンタカーやカーシェアリングもあり、車を持たなくても必要な時に利用することができる
  4. 住んでいる地域によっては、近くにレンタカーやカーシェアリング・サービスがあるかどうか調べてみると良い

車を所有しているだけでも「駐車場代」や「車検費用」、「自動車税(軽自動車税)」などを支払う必要がありますので、マイカーを手放すことで大きな節約効果が期待できます。

「車を所有する時代は終わった」と言われる昨今では、レンタカーやカーシェアサービスなどが充実していますので、車を所有していなくても必要なときに車に乗ることは可能です。

お住まいの地域にもよりますが、近くにレンタカーやカーシェアサービスがあるかどうかをチェックしてみるといいでしょう。

コンビニを使う回数を減らす

  1. コンビニエンスストアは、割高ではあるが、人々に余計な買い物をさせ、より多くのお金を使わせるような配置になっている
  2. 必要なものがあれば、コンビニではなくドラッグストアやスーパーマーケットを利用することで、お金を節約することができる

コンビニはスーパーに比べて値段が高いですし、余計に買い物をしてもらうための配置になっていますので、ついつい余計な出費をしてしまうのです。

ですので、必要なものがあるときはコンビニではなくドラッグストアやスーパーなどに行くことで大きな節約につながります。

自動販売機で飲み物は買わない

  1. 自動販売機は高いので、なるべく飲み物を買うのは避けたほうがいい
  2. 職場にウォーターサーバーがあれば、それを利用する
  3. ウォーターサーバーがない職場は、水筒を持ち歩く

自動販売機はとても便利ですが割高ですので、できる限り自動販売機で飲み物を買わないようにすることで節約につながります。

職場にウォーターサーバーがある場合は活用して、ない場合は水筒を持ち歩くといいでしょう。

自分で弁当を作る

  1. 昼休みに外食やコンビニで食事をする人が多いが、お弁当を用意した方が圧倒的に安く済む
  2. 1食500円~1000円のお弁当を20日間続けると1~2万円の出費になるが、お弁当なら1食100円程度で作ることができる
  3. どうしても料理ができない場合は、パートナーに相談して作ってもらう

お昼休憩などは外食やコンビニのご飯で済ませるという方も多いですが、お弁当を作った方が圧倒的に安く済みます。

1食500円〜1,000円の昼食代を20日繰り返しただけでも10,000円〜20,000円の出費になりますが、お弁当であれば1食100円ほどで作ることも可能です。

どうしても料理ができないという方はママに相談してみましょう。

家計を家族で共有する

  1. お金を貯めるためには、家計の状況を知ることが大切
  2. 節約への意識を高めるために、日頃から家族で家計について話し合うことが必要である
  3. 収入と支出を共有することで、家族がより良い予算を立て、お金を貯めることができるようになる

節約をするためには、家計の状況を知ることが大切です。

家族と家計の会話をすることで将来のお金についての話をするようになり、結果として節約意識が高まっていきます。

日頃から家計について話すことのないご家庭は、まずは収入や出費などを共有することから始めてみましょう。

お金のかからない趣味を選ぶ

  1. ゴルフやジムなど、趣味を楽しむ方も多いと思うが、毎月の節約はとても大切
  2. 例えば、有料のゲームをしている人は無料のゲームをしたり、ジムに通っている人は筋トレやランニングなどの趣味を家でもできるようにしてみる
  3. お金をかけずにできる趣味は、意外とたくさんある

ゴルフやジムなどが趣味の方も多いですが、毎月の趣味にかかるお金を節約することはとても大切です。

例えば、有料のゲームをしているのであれば無料ゲームをしてみることや、ジムに通っているのであれば自宅での筋トレやランニングなどを趣味にしてみましょう。

お金をかけずにできる趣味は意外とたくさんありますよ。

パパが節約すれば大きく家計は改善します

  1. 普段の食生活を見直すことで、食費を節約することができる
  2. 節約するために食生活を改善する方法はたくさんある
  3. 食生活を少し変えるだけで、食費に大きな影響を与える
  4. 食生活を少し変えるだけで、驚くほどお金が貯まるかもしれない

本記事では、パパが節約する方法についてご紹介していきました。

普段は仕事をしているパパでも、さまざまなところで節約できることをわかっていただけたのではないでしょうか。

中でも、普段の食生活はすぐにでも改善できることですので、まずは食生活の出費から見直してみることがオススメです。

ぜひ本記事を参考にして上手に節約をしてみてください。

他の「育児と節約」について解説した記事を見る。

ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

育児・子育てカテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました