生活

電動キックボードの価格を比較してみました|どの電動キックボードが一番お得なのか調べてみよう!

ぼくてき

電動キックボードってメーカーによって価格の差がすごいんですよね・・・

結局どのメーカーの電動キックボードがいいんですか?

安い電動キックボードを探しています。

ぼくてき
ぼくてき

といった方に読んでいただきたい記事です。

ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

電動キックボードの購入をお考えですか?

もしそうなら、各メーカーの電動キックボードの価格を比較することが重要です。

今回は、大手メーカー3社の電動キックボードの価格を比較してみました。

この記事を読めば、どの電動キックボードが自分に合っているのか、判断できるようになります。

電動キックボードメーカー代表3社の値段を比較

メーカー名相場(2022年11月現在)
MEGAWHEELS50,000円
Segway-Ninebot Kickscooter90,000円
MOTOSTAR40,000円
ぼくてき

値段だけで見ると「MOTOSTAR」製の電動キックボードが安いようです。

個人的にですが、購入するとしたら「Segway-Ninebot Kickscooter」です。

やはりブランド力があるため、製品の品質としての信頼も高いと思います。

Amazonでも楽天市場でもレビューがしっかりついていて、内容も高評価がかなり多いので現時点では間違いない電動キックボードです。

created by Rinker
Segway-Ninebot(セグウェイ ナインボット)

円安の影響で電動キックボードの値段が上がる可能性がある

今回は2022年11月現在の値段を引用して、電動キックボードの価格を比較しましたが、今後円安の影響で電動キックボードの値段も上がっていく可能性があります。

ぼくてき

このまま円安が進むと、日本が海外から部品を輸入するコストがますます高くなります。

その結果、企業は値上げをするか、コスト削減の方法を考えなければならなくなるためです。

僕は道路交通法が改正されてから購入したいと思っているので、それまでのあいだ、電動キックボードの値段が跳ね上がらないように願いたいものです。

法改正されるまで電動キックボードの購入は待ったほうが良い

購入するベストタイミングとしては、道路交通法の法改正がされたタイミングとなります。

法改正されれば「特定小型原動機付き自転車」という車両区分となるため、運転する際のハードルがぐっと下がるからです。

とはいえ、円安が進めば電動キックボードの値段がどんどん上がる恐れもあるため、法改正を待たずに購入するのも一つの案ですね。

ぼくてき

円安になる前に買い物をした方がお得な場合もあります。

為替レートに注目することで、かなりの節約になります。

例えば、近い将来、円安になることが分かっているのであれば、円高の今のうちに商品を買っておくとよいでしょう。

そうすることで、後で同じ商品をより高く買わなくて済むようになります。

created by Rinker
Segway-Ninebot(セグウェイ ナインボット)

使用している人のレビューを確認してから購入しましょう

ここまで電動キックボードの価格について解説してきましたが、購入するときは実際に使用された方のレビューを必ず確認するようにしましょう。

「キックボードを実際に使ってみてどう思ったか?」というレビューを確認することで、購入してから後悔する可能性が低くなります。

電動キックボードを選ぶ際には様々な要因がありますが、レビューを参考にすることで、特定のモデルの長所と短所を知ることができます。

レビューを読むときは、次の要素に注意してください。

  1. キックボードはどのように使用するのが良いのか?
  2. どんな場所で使われているのか?
  3. バッテリーはどれくらい持つか?
  4. キックボードのパワーは求めているだけあるか?
  5. 乗り心地はどうか?

レビューを読むのは時間がかかりますが、最適な電動キックボードを購入するためにも、しっかり確認するようにしましょう。

created by Rinker
Segway-Ninebot(セグウェイ ナインボット)
ぼくてき
ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

他の「電動キックボード」に関する記事を読む。

生活カテゴリのおすすめ記事です。

最新記事はこちらからどうぞ。

ホームページに戻る

この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました