自己紹介カテゴリ
ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む
子育てのイライラ

子育てに必須のスマホアプリ3選!家族みんなで共有しよう

ぼくてき

これから出産を控えているんですが、事前にダウンロードしておいたほうがいいアプリとかありますか?

出産準備をしているんですが、なにか役立つアプリってありますか?

といった方に読んでいただきたい記事です。

ぼくてき
ぼくてき
Profile
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
プロフィールを読む

今回は僕がお世話になったスマホアプリを紹介したいと思うのですが、とても便利で陣痛アプリ以外は今も使い続けています。

紹介するアプリの特徴はパパ・ママ・その他の人と共有できるということで、子育てを協力してする環境を簡単に作ることができます。

子育てに必須アプリ3選

紹介するアプリは次の通りです。

  1. 陣痛きたかも
  2. ぴよログ
  3. みてね

子育てに必須アプリ①陣痛きたかも

「陣痛きたかも」のおすすめポイントは次の2つです。

  1. 陣痛間隔が一目でわかる
  2. 登録した人全員に通知で届く

陣痛が来たときにパパママで共有できる“陣痛きたかも”アプリです。

名前の通り、陣痛の回数をカウントすることができる機能があります。

ぼくてき

このアプリの良いところは“パパやお母さんと共有できる”ところです。

陣痛がカウントされたら通知が来るので、仕事していてもすぐに確認することができます。

確認出来たら行動にすぐ移せるのでとても便利です。

仕事中でもすぐに気づくことができて、上司に連絡してすぐに変える準備ができます。

ママも陣痛中でも簡単な操作で、登録している相手に通知を送ることができます。

陣痛きたかもの陣痛ログ画面
陣痛きたかもの陣痛ログ画面
陣痛きたかもの陣痛履歴画面

陣痛きたかもの陣痛履歴画面

陣痛の間隔がわかりやすいので、パパ側としても落ち着いて行動することができます。

ママも助産師さんに陣痛間隔を画面を見せるだけで、今現在の状況を簡単に伝えられるので便利です。

現在の週数は仮の数値です。

かなりシンプルなアプリなのでとても使いやすいです。

出産を控えているママ、パパは、是非インストールしてみてくださいね。

Google Play:アプリをインストールする(陣痛きたかも)

App Store:アプリをインストールする(陣痛きたかも)

子育てに必須アプリ②ぴよログ

  1. 基本的な記録にコメントを残すことができる
  2. グラフなどで睡眠時間やミルクの量が一目でわかる
  3. 育児日記も書ける

ぴよログは子育ての記録ができるアプリです。

大きな特徴は記録を共有できることです。

ぼくてき

新生児の時期から使える便利なアプリです。

  • リアルタイムで共有できる育児記録アプリ
  • ミルクやおむつ交換、睡眠などの記録や育児日記を簡単な操作でつけることができる
  • 搾乳タイマーやまとめグラフ、PDF書き出し機能など便利な機能がたくさん
  • 毎日の育児記録を手伝ってくれる

この類のアプリはいろいろありますが、ぴよログが一番使いやすかったです。

息子と娘両方で、ぴよログにお世話になりました。

ぼくてき

事細かに記録できるので重宝しています

僕が良いと思うところは、やはり“複数人でぴよログを使用できる”ことです。

妻はもちろん、僕も記録することができます。

ぼくてき

誰かが記録すれば、みんなでその記録を共有することができます

協力して育児をするのに、必要不可欠な機能だと思いました。是非ぴよログを利用してみてください。

Google Play:アプリをインストールする(ぴよログ)

App Store:アプリをインストールする(ぴよログ)

子育てに必須アプリ③みてね

  • クラウドに写真や動画を保存できる
  • 登録した人みんなで写真や動画を見れる
  • 印刷して送ってもらうことも可能

みてねは家族や親族と子供の写真を共有することができます。

アプリに写真をアップロードすれば登録した人が見ることができます。

ぼくてき

実家の親も喜んでくれています

おばあちゃんもスマホを持っているので、みてねで息子と娘の元気な姿を手軽に見てもらっています。

また、同じ写真や動画をアップロードすることが出来ないようになっているので、アップロード忘れも防ぐことができます。

ぼくてき

「この写真って上げたっけ?」が無くなります

連携方法もアプリをインストールするだけなので簡単です。

見せたい人に招待コードを送れば、インストール完了後に見ることができます。

みてねの家族設定画面
みてねの家族設定画面

子供の写真をラインなどで共有している方は、みてねを一度使ってみてください。

かなり重宝すると思います。

Google Play:アプリをインストールする(みてね)

App Store:アプリをインストールする(みてね)

便利なアプリを使って子育てに専念しましょう

今の世の中、便利な子育てアプリがたくさんあります。

そんな中から特におすすめのアプリを紹介させていただきました。

類似のアプリもあると思いますので、比較するアプリの1つとして使用してみてください。

他の「子育て中に感じるイライラ」に関する記事も読んでみる。

ぼくてき
ぼくてき

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

ぼくてき.comのイチオシ記事

無料で今すぐ家計をコントロールする方法

経済的安定への第一歩を踏み出そう
お金の健康診断口コミまとめ!果たして怪しいサービスなのか?プロに悩みを相談してみよう!
お金の健康診断口コミまとめ!果たして怪しいサービスなのか?プロに悩みを相談してみよう!
子供のためにできること

育児カテゴリの最新記事

最新の記事はこちらからどうぞ

新着記事

知りたい情報がすぐにわかる

まとめ記事

ホームページに戻る

この記事を書いた人
ぼくてき
ぼくてき
複雑な設計業務、現場での監督業務に長年携わってきた、30代中堅システムエンジニアです。システムエンジニア、育児、家事が大好き。仕事での経験で得た知識や知恵を他の人と共有することが目標です。現在、本業と副業の両立を目指して奮闘中。スキル・能力の向上と専門分野の拡大に努めています。能力を最大限に発揮し、家族を支えることに情熱を注いでいます。毎日が学び、成長する機会です。Twitterはメモ帳扱いしてます。
記事URLをコピーしました